会長挨拶

kaicho2018-2

 

大分県倫理法人会は、前期は設立35周年を迎えることができ、また年度目標1220社の会員数を達成することができました。これもひとえに平野前会長のリーダーシップのもと、県役員、各単会会長、役職者並びに会員の皆様のご尽力の賜物と心から敬意と感謝を申し上げます。

さて、今期も更なる「拡」と「充」を目指し、立ち止まることなく法人局事業方針である「2020年-ゆるぎない7万社体制確立」にあわせて次のように31年度大分県スローガンを掲げます。

伝えて、拡めて、咲かせよう倫理の花を
やってやってやりぬこう

を掲げ、2月中間目標として「1200社」を、年度末目標として「ゆるぎない1300社」を目指します。

純粋倫理を知って、学び実行し体験することにより、個人、企業、家庭が健康になり、万人幸福の道が拡けてきます。今年度はより一層の学びを深め、明るく、朗らかで、楽しい倫理活動を推進いたします。本年度も大分県倫理法人会の活動に、ご理解、ご協力及びご支援を賜りますようお願い申し上げます。

31年度大分県倫理法人会

会 長 浦松 傳