■CALENDAR■
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31    
<<前月 2018年10月 次月>>
■LOGIN■
現在のモード: ゲストモード
USER ID:
PASSWORD:
■NEW ENTRIES■
■RECENT COMMENTS■
■CATEGORIES■
■ARCHIVES■
■LINK■
■PROFILE■
■POWERED BY■
BLOGN(ぶろぐん)
BLOGNPLUS(ぶろぐん+)
■OTHER■

10/4モーニングセミナーの様子
 おはようございます! 三連休は台風が心配でしたが秋晴れの気持ちが良いお休みに
なりましたね! 
竹田市でもこの週末は各地で色んなイベントが開催され、グランツ(文化会館)も無事OPEN
しました音符 これから音楽祭や色んな行事が楽しみですlove

 それでは先週のモーニングセミナーの様子です音符

10月4日  M・S

★ 姫野知俊会長挨拶

先週は台風の接近があったが、日本人のノーベル医学・生理学賞の受賞があった。京都
大学の本庶佑(ほんじょたすく)氏はPD-1というタンパク質のメカニズムを解析し、ガン免
疫療法に画期的な薬を開発したということだった。氏は免疫の専門でガン専門医の間で
は免疫療法は「詐欺まがい」との批判があり、そのためスポンサーがなかなかつかずこの
研究開発では苦労と失敗の連続だったというが、勝機は必ずあると死に物狂いで15年間
研究を重ね今日の栄光にたどりついたようだ。

 死に物狂いの「狂う」についてあるコラムに書かれていたが、落語家の立川談志は落語
界の常識を破り独自に立川流家元をつくったが、好きな文字は「狂」だそうだ。京セラの
創業者稲盛氏は「事をなすには狂であれ」とも言っている。

 成功者の共通点には、狂ったようなエネルギー、狂ったような努力、狂ったような工夫
がある。自分の思い込みや常識、習慣などを突き抜けるときは一種の狂気にならないと
打ち破れないようだ。周りから「あの人は気が狂っている」と言われるぐらいで丁度いい。


★役員スピーチ  『出る杭は打たれる 逆境に倫理』   甲斐昇一郎 豊肥地区長



今年母豚1800頭規模の養豚場を菅生の本社の近くにつくった。この規模は県内で2番
目、九州でも10本の指に入る。数年前の大水害のとき、道路が寸断され農場にたどり
つくことが出来なかったことを教訓に会社の近くに建設した。

 養豚場といえばこれまでの概念からみると皆さんには匂い・汚水・景観上から迷惑
施設に見えがちである。しかし今回建設した施設はウインドレス(開口部がない)豚舎
で床暖房や空調施設もセンサー管理で整っている。臭気は換気扇に二層のフィルター
にかけ微生物の力も借りて分解する。糞尿はラグーンという大型堆肥化コンポで堆肥
にし地域の皆さんに使っていただくようになっているが、この段階でも脱臭設備を設け、
匂いを出さないようになっている。環境に配慮するためにかなりの投資の上積みをした。


 2年前予定地の購入を始めた。4ha程度を考えていたが周辺の土地へと拡がり10ha
程の広さになった。竹田市に計画説明をし、市が指示する近隣5自治会で順次説明会
を開いた。農場に近い3自治会には同意をもらえたが少し離れた2自治会からは反対
された。反対運動が起こり幹線道路沿いに黄色の『豚舎建設反対』の幟旗が立った。

このとき家族のことが気になった。自分は事業を進める当事者なので受け止めること
が出来るが、3人の子ども達が学校でいじめにあっていないだろうかと心配した。子供
達と向き合い『あの幟はお父さんがしようとしていることに反対していることだよ・・・・・』
子ども達が嫌な目にあっていれば止めようとも考えた。子ども達は『お父さんがやりたい
ことをやったらいい・・・』と背中を押してくれた。

反対する自治会との話し合いは何度も行った。



 苦難の時の倫理① 【苦難福門】何かを起こそうとするときは必ず苦難、試され事が
起こる。逃げずに正面から受け止める。



 苦難の時の倫理② 【捨我得全】採算度外視で環境対策で日本一を目指す。養豚場
のイメージを変え、公園のような農場をつくる決心!
 苦難の時の倫理③ 【信成万事】事を成すの根本の力は信念。決心の強いか弱いか
によって仕事の成否は決まる。ただひたすらに王道を歩む。

6月、施設は完成し反対者も招いて見学会を開いた。想像以上の施設に反対者も感心
してくれた。



 倫理は苦難の時に真価。M・Sは心の整理整頓、リセットする場。人を憎まない。
「ふんわりとやわらかで何のこだわりも不足もなく澄みきった張りきった心」


| 竹田市倫理法人会::モーニングセミナー | 09:50 AM | comments (0) | trackback (0) |
9/27モーニングセミナーの様子
 こんにちはにこっ 週末の台風で被害などありませんでしたか?
今回の台風は雨よりも強風が凄かったですねぎょ 早く通り過ぎてくれる事を願うばかりでした汗

 さて、先週末の金曜は竹田市倫理法人会の平成30年度の報告会を無事終える事が出来ました四葉

ありがとうございましたにこっ 今回参加出来なかった方は次回のご参加お待ちしてます音符


 会長挨拶には笑いも・・・にひひ


 報告会後の懇親会も毎年ですがとても楽しく終了しましたにこっ
 

 それでは、先週9月最後のモーニングセミナーの様子です 下 下 下

9月27日  M・S

★ 姫野知俊会長挨拶



M・Sを2週間空けたが、この場に立つと身が引き締まる思いがする。1週目は阿蘇市
倫理法人会に招かれた。正直な感想は、先ず会場の雰囲気、「夢はてしなく」の歌声、
司会者の声、皆さんの姿勢、輪読のメリハリ感、緊張感、聴く側の熱意・・・など、どれを
とっても当単会が素晴らしいことを実感し誇らしく思った。先輩方が築いてきた当会のこ
の姿をしっかりと継承していこう。

 さて、本日のスピーチは工藤伸吾副会長とまだ未会員ではあるが7月から毎週連続で
参加して頂いている野村さんと吉野さんにお願いした。


★ 会員スピーチ   工藤伸吾 副会長   (株)松井組



S27年8月生 66歳 九重町の生まれ。 水分け峠から日田玖珠方面に4kmぐらいのところ
の集落。両親は戦後の開拓者で田んぼはなく畑作中心の農家。 父はあのアメリカでの
9.11テロの日に死んだ。母は91歳になるが健在で兄の農業を手伝っている。23歳のとき
竹田に来た。働くことになったのがたまたま建設業。以来建築関係で43年間勤めている。

53歳の時、大分の子会社に出向したが、5年足らずで会社はたたむことになり竹田に戻っ
てきた。このとき、大きな挫折感を味わった。去る7月12日の大分銀行伊東支店長のお話
にもでてきた『半沢直樹』のドラマにあった銀行の様子が、中小企業に押し寄せ、仕事の
大半はもっぱら資金繰りと銀行対応に追われたが、この約5年間の社長としての経験は
意義深いものだった。

竹田に戻って8年半ほどになる。3年半ほど前のH.17年1月、丸本名誉研究員に倫理指
導を受けた。相談した内容は、「最後のエネルギーをどう燃やすか」というもの。
丸本先生の指導は、『二人のために頑張りなさい』 『一人は社長、もう一人は出戻りの
長女のために・・・・・』 社長のために・・・は民間営業で成果を上げるべく頑張った。物件
のターゲットを定め、計画的に営業し、見積もりをする。できれば特命受注をしたいが中々
そううまくはいかない。複数社での競争見積もりになる。他社の金額を予想して自社の見
積もり金額を決める。実際に見積もりをした者でなければ相手の金額は予想できない。
設計事務所も取り込み情報を集めて入札金額を決める。いろんな方のお陰と運も味方し
てくれてかなりの成果があがった。長女のことはまた後日にお話しする。

今年66歳になった。私の賞味期限はそろそろかなと思い始めた。賞味期限ぎりぎりまで
いかず少し余力を残してきりをつけたいと思う最近である。

さて、話は変わるが、我が家の近くに不動様がある。立派な不動明王の木造立像が安
置されている。昔から8月28日がお祭りで私たちも受け継いできた。以前は子供も多く
祭りは賑やかだったが、最近は男だけの参加で先日は4人と寂しいものだった。先日の
4人の会話のなかで、最近ご婦人が掃除をしてくれたり花を飾ってくれているようだという
話しがでた。我々は1年に2回しか掃除していないのに申し訳ないなどと会話していると
ご婦人が一人現れ、祭りに参加してもよいかと尋ねる。何とそのご婦人は7月ごろより
このM・Sに参加してくれている吉野さんだ。そして花を飾ってくれているのが野村さんだ
という。
今日はお二人に自己紹介をしていただきたいと思う。


★ 特別スピーチ   野村矢枝氏    読売新聞販売店



S25年 朝地町生 現在は荻町馬背野在住 子供の頃は農家で9人家族 今は市を超え
て近くの学校を選べるようになっているが、当時竹田市との境界付近のわが家から小学
校までは遠く、あぜ道を通りひと山越えて4時間ぐらいかかっていた。今では道路ができ、
祖母はあの世でびっくりしているだろう。決して裕福ではなかったが両親が一生懸命に
私達5人姉弟を育ててくれた。最近ではこれまで男性の分野といわれてきた仕事に女性
の活躍が目立つようになってきた。是非応援したい。


★ 特別スピーチ   吉野誼子氏



S14年生 本籍は山口県 父の仕事の関係でいろんなところに住んだ。別府で結婚した
が竹田に帰り40年になる。若いときは戦争に振り回された時代だった。竹田に帰ったが
農業の経験がなく全く分からない。編み物の免許を活かしブラザーに勤めた。以降夫婦
ともに農業は休みの日だけで会社に勤めてきた。倫理の事は以前から知ってはいたも
のの機会がなかった。知り合いのタケモク工藤社長のところに行った時「職場の教養」を
手にした。M・Sに参加するようになって皆さんの素晴らしさを感じる。


| 竹田市倫理法人会::モーニングセミナー | 11:16 AM | comments (0) | trackback (0) |
9/20モーニングセミナーの様子
 おはようございますにわとり すっかり秋らしくなりましたね音符

昨日は雨が降ったこともあり肌寒かった竹田市です。

今は太陽でとても気持ちがいいですにこっ

 それでは先週のモーニングセミナーの様子です 下 下 下

9月20日  M・S

★ 工藤伸吾副会長挨拶



彼岸花が一斉に咲き、キンモクセイが匂い、秋の訪れを感じる。姫野会長が出張不在
のため代わりに挨拶する。

 先週は我が家の孫である中学生の運動会で、清々しさと頼もしさを感じたことを話した。
中2になる孫は男の子で、我々と同じ敷地内の別棟に住んでいるのだが、反抗期なのか
母親とうまくいかないし弟をいじめる。先日の事、ついに母親が自分ではどうしようもな
いと助けを求めてきた。そこで私の提案で、当分の間我が家に下宿させることになった。
しばらく環境を変えて距離をとってみようと思う。我々夫婦も孫中心の生活に変えざるを
得なくなった。話題にも気を遣う。この結果はまた報告する。

 本日は宮瀬大分県幹事長にお越しいただいた。氏とは10数年前富士研で一緒だった
が、その後、中津の会長、県研修委員長、県普及拡大委員長、県M・S副委員長、そして
今年度は県幹事長と歴任された。富士研は私と一緒だったときが初回で、実に8回も
行かれたらしく常連だ。


★講話 『幹事長の役を受けて』  宮瀬知洋 大分県倫理法人会検事長 (法人Le)



中津市生 54歳 趣味はゴルフ、ドライブ、米つくり。(有)サクセスクリーンサービス
(建物のメンテナンス業務で従業員49名)の代表と(農法)南高瀬営農組合(組合員8人)
の副理事。最近山羊(やぎ)を飼い始めユキとキクとの散歩も楽しい。

 営農組合は父が立ち上げたが、将来の後継者不足を見越しての組織だ。組合員は
働きに応じて給料が支給されるが、配当は面積に応じて配分されるがなかなか難しい。
健在な時は不合理な面もあるが、いつか病気になって働けなくなったときのことなど
考えると大切なことだ。

 以前は車の整備士をやっていたが、兄が会社を設立したときに手伝うことになった。
ところが10数年後に兄が42歳で突然他界し私が会社を引き継ぐことになった。当時、
会社は倫理に入会してはいたものの私には無縁だったので、経費節減で退会する
ためにM・Sに行ったところ歓迎され退会を告げることができなくなってしまった。

 富士研に参加したのがきっかけで徐々に自分を見つめ自分らしさを出せるようにな
ってきた。会長の3年間はM・Sを一度も休むことはなかった。富士研はいろんな経営者
の中で自分を見つめることができる場所で、心の定期検診と考えている。
 4月に兄の長男が入社し、これを機に活力朝礼を取り入れた。経費は増えるが不思
議に新たな仕事が入ってくる。業務が増えるとミスもでる。即行で対応することで乗り
越えてきた。兄の長男に引き継ぐつもりで頑張っている。

 普及は仲間づくり。地道に取り組んでいきたい。M・Sの充実が課題で自単会出席者
数の25~30%を目指したい。一人一人が主役になりおもてなしの心を持って迎える
雰囲気づくりにつとめたい。


| 竹田市倫理法人会::モーニングセミナー | 10:03 AM | comments (0) | trackback (0) |
9/13モーニングセミナーの様子
 おはようございます! 今日も秋晴れ太陽気持ちがいいですねにこっ

大好きな秋もいつもアッという間なので楽しまなくてはと思う今日この頃ですにこっ

 それでは、先週のモーニングセミナーの様子です 下 下 下

9月13日  M・S

★ 工藤伸吾副会長挨拶

本日、姫野会長は阿蘇市倫理法人会より講師としてのお招きがあり、今この時間、講師
席で神妙な顔をして座っていることだろう。阿蘇の様子はまた後日聞けると思う。



 一昨日、雨で順延になっていた孫の中学校の運動会に行った。その感想は、とても清々
しく中学生たちのたくましさと優しさを感じた。徒競走で選手名がコールされると『○○
ちゃん ファイト!』などと他の学年が選手全員に声をかける様子はほほ笑ましかった。
3年生の運命競争で、選手と一緒に真面目に踊りながらゴールに向かうお母さんの姿に
も笑いが誘われ、私達の子育ての時代とは違った光景で楽しい運動会だった。


★ 会員スピーチ          首藤健二郎 (竹田市議会議員)




竹田市議会は第3回定例会で、昨日から一般質問が行われているが、早速初日に質問
した。3項目を用意していたが最初の岡城の質問で持ち時間の1時間を使ってしまった。
他の質問に対しても執行部はその対応を用意していてくれたと思うと申し訳なく詫びた。

 岡城の質問は、最近石垣の下部がコンクリートで補強されている。巾8m、高さ15mだ。
現状は少し黒ずんできたものの周囲の石垣とは異なり白く違和感がある。これは岡城を
400年間守り続けた先人たちに申し訳ないのではないかとの質問だった。
 市文化財課長は、『補強した部分は石垣ではなく岩盤であるので、この岩盤の崩壊を
防ぐための補強としてコンクリートが最適である・・・・』との答弁だった。景観への配慮に
欠けているのではないかとの質問には、『この部分は石垣ではなく岩盤であるので、石
垣を積むことは本来の姿ではないので好ましくない・・・』との答弁。色を付けるなどの
方法はないのかとの質問には、『着色は逆に馴染まないので経年変化を見守るのが
妥当である。上部からつる草を垂らし、下は成長の速い植物を植栽し景観形成を行う・
・・・』『なお、専門家の話ではつる草の成長により馴染んでくるのは4~5年と聞いている』
との答弁。

 この補強工事に際して議会への説明をしたのか、また商工観光課との意見調整をした
のかとの質問には、『細かい仕様については議会に説明していない。商工観光課とは
細かい部分の打ち合わせはしていないが、認識はしている』つまり、議会にも商工観光
課にも相談しないで文化財課だけの判断でやっているわけで、市民の思いも伝わって
はいない。果たしてこれでよいのだろうか。


★ 会員スピーチ          井 英昭 (竹田市議会議員)




私は本日の議会で質問する予定だが、その内容は、竹田市内の小中学校でエアコンが
設置されている割合および設置の予定を聞く。全国平均は49.6%、大分県平均では33.8
%、豊後大野市は100%である。ところが竹田市は幼稚園・保育園で100%だが小中学
校は校長室・職員室と保健室を除き0%である。

 子育て支援と幼児教育で保育の無償化について質問する。来年の10月から幼児教育
と保育が国の政策で無償化される。竹田市では幼児教育の最終年度が既に無償化さ
れている。そこで、これまで市が負担してきていた幼児教育費用が浮いてくるわけだが、
その分を何に使う予定かを問いたい。

 竹田市内(荻・直入を含めて)の小中学生は学年でおよそ120人から150人だ。H27年
生まれの3歳児は111人、2歳児は106人、1歳児は112人だ。少子化・高齢化と言われる
中、児童生徒数の減少が著しい。保護者の間からは学校の統合を望む声が大きくなっ
てきている。現状を踏まえ、保護者だけの問題でなく、竹田市全体の課題として小中学
校の統合を考えなければならない時期に来ているのではないか。


| 竹田市倫理法人会::モーニングセミナー | 09:45 AM | comments (0) | trackback (0) |
9/6モーニングセミナーの様子
 9月になりすっかり涼しくなりましたね! 今年の夏は尋常な暑さではなかったですが
やはり季節は移り変わり、いい思い出になりましたにこっ
でも、普通の暑さが有難いですけどね!にひひ

 それでは、先週のモーニングセミナーの様子です 下 下 下

9月6日  M・S

★ 姫野知俊会長新年度挨拶及びスピーチ



今朝、北海道で大きな地震があった。また、先日は大阪のほうで台風による大きな被害
がでているようだが、親戚や知人の方にお見舞い申し上げます。どこでどのような災害
が起こるかわからない。明日は我が身と戒めねばと思う。
 倫理法人会は9月が新年度となり、本日は新年度初めのM・Sで恒例により会長挨拶と
なっている。


       (新年度・辞令交付式の様子)

 S45年生 47歳 子供が4人の6人家族。趣味はゴルフ、ギター、酒、読書。
竹田で生まれ、小中高と竹田で過ごした。兄からの紹介によると、弟の私は高校時代は
かなりヤンチャだったように言うが、本人は尾崎豊に憧れておりかけがえのない友人を
得た。

 誰かの喧嘩の話に みんな熱くなり 自分がどれだけ強いか 知りたかった
 力だけが必要だと 頑なに信じて 従うことは負けることと 言いきかした
 行儀よくまじめなんて クソくらえと 思った夜の校舎 窓ガラス壊してまわった
 逆らい続け あがき続けた 早く自由になりたかった ≪尾崎豊≫


やっていたこともこの通りで、学問には励まず、生涯の友は今も続いている。

 大学は名古屋に進んだが、まだ尾崎感から抜け切れずに、学問には励む事なく2年で
中退してしまった。しかしここでもかけがえのない友人を得、竹田に来てくれたりもする。
バブルの余韻が残っている時代で容易に就職ができた。年商4500億円のグループ企業
に入社し、水産養殖部門に配属された。

 魚養殖の餌、薬、栄養剤などの水産飼料を販売する仕事だ。市場は大きいがどんぶ
り勘定の世界で非常に厳しい業界だ。販売はもちろんだが、実のところ代金を回収する
のが大きな使命だった。そこでは法スレスレのこともやって回収してきた。

 そこで学んだのは仕事の組立方を変えることだった。生産者は商品を作ることしか知
らず販路がない。稚魚の供給から餌の販売、資材の供給、そして成魚の販売までの全
てを業務とするシステムを厳しい上司と二人で構築した。当時の業界では初めてのもの
だった。
販路を切り拓き適正な価格で販売するためには仲買人の心をつかむことが必要で接待
も大切だった。やがて安定した出荷ができるようになり、上司と二人で年間23億円もの
売り上げを上げた。上司には公私ともに特別な厳しさと特別な愛情をいただいた。

 父は昭和16年の生まれで63歳で他界した。対外的には立派な父だったと思うが、私
とは親子のフレンドリーな関係はなかった。高校生の頃は本気で殴り合いの喧嘩をした
こともあるがいつも負けており怖い父だった。ある日、兄から深刻な電話があり父の病
気を知らされた。2年2ケ月の闘病生活だったが手術の日、上司が東京の病院まで行か
せてくれた。兄は仕事で付添えず母だけだったので母の助けになれた。何度か父の元
へ見舞いに行くたびにそれまではあまり話したことがない父といろんな話ができた大切
な時だった。

 父の死後、父の友人から父は兄弟で事業を継いでもらいたいと言っていたと聞かさ
れた。そんなとき、会社が買収されてしまい戸惑っていると兄から誘いがあり家業に
戻ることになった。

 倫理との出会いは佐藤博治先生のホノルルマラソンを完走した話がきっかけだった。
富士研で誓い、日々好日、墓参りもするようになった。そして会長を拝命し2年が過ぎた。

竹田市倫理法人会の会員は優良企業が多く、志高き人物が多い。一生涯お付き合い
できる方々の出会いの場であり、切磋琢磨し成長できる場であることを確信している。
25名以上参加のモーニングセミナーを目指す。


| 竹田市倫理法人会::モーニングセミナー | 10:45 AM | comments (0) | trackback (0) |
PAGE TOP ↑