■CALENDAR■
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
<<前月 2018年08月 次月>>
■LOGIN■
現在のモード: ゲストモード
USER ID:
PASSWORD:
■NEW ENTRIES■
■RECENT COMMENTS■
■CATEGORIES■
■ARCHIVES■
■LINK■
■PROFILE■
■POWERED BY■
BLOGN(ぶろぐん)
BLOGNPLUS(ぶろぐん+)
■OTHER■
 

5/31モーニングセミナーの様子
こんにちは女性 今日は太陽で気持ちがいいですね!
明日からまた少し雨マーク。梅雨が近づくにつれ雨の日も多くなってきたので
お天気を見ながらお仕事をされている方も多いのではないでしょうか?

今日の標語も『毎日がよい天気』でしたねにこっ
~天候気候は、変えたくても人の力は及ばない。
嫌わず、あるがままに受け止める。その姿勢が、生活の土台となる。~


 それでは先週のモーニングセミナーの様子ですにこっ


5月31日  M・S

★ 姫野知俊会長挨拶

私としては興奮冷めやらぬ1週間となった。先週、倫理経営講演会が127名の参加で無事
終わり、いろんな方から倫理の事そして講話の内容についてのご意見をいただき、うれしく
そして誇らしく思った1週間だった。

 昨日のことであるが、当会会員数が目標にしていた75社になった。これも役員の皆さん
の一致結束の結果だ。M・Sにもお誘いし魅力あるM・Sにしていきたい。

 【工藤伸吾副会長より発言:大分市内の商社である(株)小野建 弊社担当の営業マン
が本日参加してくれたので紹介する。仁田脇幸司氏―自己紹介・・・・・・・・・】


★ 役員スピーチ   田部顕一郎  相談役  ≪(有)田部モータース 代表取締役≫



役員スピーチに今日と言う日を選んだには訳がある。弊社は決算が6月1日から翌年の
5月31日なので今日は平成29年度の最終日にあたる。1年間を振り返り、明日からの平成
30年度の抱負を述べさせていただく。

昭和34年10月2日 生まれ 今年で59歳 B型。 妻 と 愛犬 トイプードル 朔太郎 10歳 ♂、
りく太郎 10ヶ月 ♂ 子供 長男28歳、 長女24歳。
現在の役職 (有)田部モータース 代表取締役 社長 25年目

・竹田地区自動車整備事業協同組合(竹田車検センター)7名 5社 代表理事 5年目
・今年度より新たに大分県整備振興会 竹田支部 支部長 22社
・非営利法人 里山保全竹加工百人会 竹楽実行委員会副会長 企画エリア(11月)
・竹田市観光ツーリズム協会 竹田支部 副支部長 岡藩城下町ひな祭り(2〜3月)
・竹田市まちづくり実行委員会 副会長 精霊流し(お盆)・竹ホタル(12〜1月)
・竹田市倫理法人会 相談役

竹田町の豊岡橋の側 東本町で育つ。高校を卒業後、上京し7年後昭和59年25歳のとき
自宅の火災がきっかけで帰郷。父の経営する自動車整備と三菱自動車の販売をしていた
(有)田部モータースに入社。2年後 結婚。平成2年1月に長男が誕生し同年7月2日、竹田
市の大水害に被災、翌平成3年現在の拝田原へ移転。同年11月、33歳で社長に就任と
同時に国道沿いのショウルームのある整備工場へと展開する。当時は元気印の三菱で
年間販売台数120台と売り上げをアップ。

平成7年、 三菱自動車不正によるリコール問題発生で新車販売台数が激減、激震が走
り流れが全く変わってしまった。なすすべがない。メーカーは安心無料点検等の販売店
への救済処置を出したが、それは一時的な事で車両販売面での回復の兆しは全く見え
ない。ほぼ同時期の45歳の時に倫理と出会い竹田市倫理法人会設立の物語が始まる。

0からの出発で普及に明け暮れる。 竹田市内は勿論のこと、荻町,久住町,長湯…とは
いっても佐藤博治当時県会長のカバン持ちで50社達成し竹田市準倫理法人会を開設。
毎週木曜日の朝起きしかも5分間の会長挨拶付き。お陰さまで人前で話すという苦手
意識を克服できた。同年11月3日、 100社達成して竹田市倫理法人会の設立、初代会長
に就任。この時万人幸福の栞第15条の【信成万事】 ――信ずれば成り、憂えれば崩れ
る――“必ず信じた通りにさせるのである。やり遂げることによる達成感を(身体が)覚える。
そして「真剣にやっていると誰かが助けてくれる」”フォローの風が吹いてくる・・・・・その後
竹楽・竹ホタルのプロジェクトにおいて自然に任せて何事にもぶれない自信がついてきて
思いついた事を何でもやってみようと考えるようになる。

10年前、保険会社の人が、「これから事故の場合の工場代車はレンタカーを貸すように」
とのアドバイスに、販売の不調に藁をも掴む思いで軽自動車と乗用車2台から始めたレン
タカーは試行錯誤の連続だったが新聞折込みでチラシを入れたり、同業者に利用を促し
たり・・・新車で購入した8人乗りワゴン車は利用客が少なく半年後に手放す。ある時、知り
合いから国の補助事業で単年契約で車が使いたいとの話がある。リースでは短くても3年、
状況が変わればいつでも解約できる乗り方はないか? しかも予算は限られているとの
こと。一か八かで「ハイ!できます」と。1台が2台、4台に。1年、2年と経つうちに今では
保有台数70台を超えその内長期貸しが40台。また(ロータスメイト)会員制で30%引き料金
の提供で通常の利用客も増えつつある。昨年度の年間売り上げは3000万円を超え、今年
度も順調に推移しロータスタナベの立派な1部門と成長した。

また昨年夏、幹部が沖縄研修で「マイカーリース・スーパー乗るだけセット」の販売特訓を
受け、朝礼時に全員でロープレを徹底的に行い昨年度は18台達成。自動車保険も同様
に増収。私が社長になって以来一番の収益を予想できる。

人生の荒波を乗り越えるとそこにはいろんなドラマが訪れる。まさに栞第17条の【人生神劇】
「地球ザ人生劇場」・・・その主役は私自身だ。皆さんも登場人物の一人。

火事→帰郷→結婚→家族 水害→移転(決断) 三菱自動車リコール→多種多品目経営
を実現。新車・中古車各メーカーの販売・メンテナンス(車検・点検)整備は勿論のこと・板金
塗装・レンタカー・保険・ロードサービス・マイカーリース(クルマの乗り方の提案) などクルマ
に関わる全てのサービスを提供するお店、『先ずは田部に相談してみよう!』 名付けて
“ファースト・コール・カンパニー”を目指す。また働き方改革として6月より毎月1回 土・日
の連休を実施し社員満足度アップを目指す。

内田文朗法人局局長は、倫理ネットワーク2018・5月 132号に、“基盤は!家庭にあり。
家庭経営は事業経営の縮図であり、経営者の家庭の安定は事業の安定・発展の鍵で
ある。”と述べられている。一見 事業経営と家庭生活は無関係のようだが、トップとして
責任を担っている経営者の人間性は、事業を左右する重要な要素だ。また経営者のみ
ならず、「企業は人なり」と言われるように、そこで働く人々の人間性が企業の盛衰にか
かわってくる。

今年度の取り組みとしてCS―顧客満足とか、ES―従業員満足は勿論のことだが、WS
―wife satisfaction かみさん満足度アップを一番の目標として実行するつもりだ。徹底し
て行う! 気合いを入れる。一番に優先して考え行動する。短気にならず最後まで話を
聞く。家にいる。共に行動する。妻が自分の時間を持てるように配慮する。

最後に一言。「普及は自分磨き」 勇気を出して一歩押し進むことで新たな出会いが待っ
ている、是非もう一度みんなで100社達成を目指して頑張りましょう。


| 竹田市倫理法人会::モーニングセミナー | 12:03 PM | comments (0) | trackback (0) |
PAGE TOP ↑