■CALENDAR■
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30     
<<前月 2019年04月 次月>>
■LOGIN■
現在のモード: ゲストモード
USER ID:
PASSWORD:
■NEW ENTRIES■
■RECENT COMMENTS■
■CATEGORIES■
■ARCHIVES■
■LINK■
■PROFILE■
■POWERED BY■
BLOGN(ぶろぐん)
BLOGNPLUS(ぶろぐん+)
■OTHER■

12/6モーニングセミナーの様子
 こんにちはにこっ 12月らしく寒くなりましたね雪
先週から竹田市ではインフルエンザで学年閉鎖の話を沢山聞くようになりました。
皆さま大丈夫ですか?
私は今年久々に予防接種を受けたので、ついついマスクもせず人混みにはうー
気をつけないと駄目ですね汗

 それでは先週のモーニングセミナーの様子です 下 下 下

12月6日  M・S

★ 姫野知俊会長挨拶

 先週からギックリ腰になっており、歩くのも大変で礼をするのがつらい状態だ。その少し
前は車のドアの角に頭を思い切りぶつけ流血した。兄である社長からは気遣いではなく
『・・・車を大事にしないので車が怒っている・・・』と言われた。倫理的に考えるなら今度
は何の教え・危険信号なのかと自問している。

 以前次男の反抗期の話をしたが、今度は三男がバトンタッチしたかのように反抗期でま
まならない。48歳になって尚仕事でも家庭でも思うようにならないが、新たな年に向けて
満足のいく大人になりたいものだ。


★ 講話  『倫理と出会って』  高橋秀臣法人Le  〈別府市倫理法人会会長〉

S45年、別府市亀川に生まれる。小中時代は野球をやったが高校ではラグビーをやった。
高校ラグビーといえば大分舞鶴だが、当時の別府鶴見丘はほぼ互角に戦える力で花園
も夢ではなかった。関東の大学に進んだが高卒から大卒まで7年費やした。卒業は3つ
いの妹と一緒になってしまったが、母からは『・・・追い越されなくってよかったね・・・』。

その妹はフランス人と結婚しボルドーに住んでいる。実家はコニャックを作っており、おか
げでフランスに行くことができたし、先日は義弟と別府で飲み歩いた。言葉は通じないが
妹のおかげで世界感は広がった。

 家族は妻と長男(高3)、長女(中3)、次男(小5)の5人。妻は浪人時代の英語の先生で、
大学の夏休みに塾の先生をしていた時に知り合った先生と生徒の仲でその立場は今で
も続いており頭が上がらない。

 大学卒業後は別府でお世話になっていた方のもとで働くことを決めていたが、新たに
レストランを経営することになり店長として働いた。やりがいがあり休むこともなく一生懸
命に働いた。売り上げも好調に推移した。2店舗目を開店し、やがては多店舗展開をと
夢を膨らませたが、社長の考えとはズレが生じ始めた。結婚も控え仕事に不満がでてく
るようになってきた。やがては倫理でいう後始末のできていない状況になっていった。
目の前の仕事に100%目が向いていないと中途半端になる。スタッフから不満が出始め
るが、その原因が自分であることを理解できない。遅刻するようになり悶々とした日々が
続く。

 そんなとき母から自宅での不始末を指摘され、このままでは次に何の仕事をしてもきっ
とうまくはいかない、しっかりやり上げてから辞めなさいと諭される。当時母は家庭倫理
の会に通っており誘われた。以前誘われたときなどは耳を傾けもしなかったが、この時
は行ってみようと思った。6時に終わり帰るときの清々しさを今でも覚えている。

 スタッフとの溝はすぐには埋まらないがまた翌日の5時にはパワーをもらった。初心に
戻り最初の鉄板洗いの仕事からやり直すことを始めた。最初は周りの目を気にしたが
やがて気にならなくなってきた。するとスタッフとの関係も変わってきた。食中毒をだして
しまったが、被害者全員の自宅を回りお詫びの後始末をやり上げて退職した。

 10月に退職し11月に保険会社に就職する予定だったが、それが延期になり無職の状
態での結婚式だった。1月に嘱託社員の代理店の研修生として入社した。

 H12年に倫理に入会。富士研にも行った。帰る前に指導を受けた。保険代理店の研修
生としてどのような心構えで取り組んでいったらよいかと相談した。『・・・先ずは両親に
謝罪しなさい・・・・』迷いはあったが、自宅に戻る前にそのままの足で両親のもとへ行った。
両親には素直に謝罪することができ前向きの気持ちを持つことができた。倫理を学んで
いなかったらこのような気持ちになることはできなかったと思う。M・Sに行くことで朝起き
になり出社は人よりも早くなった。早い時間に一仕事ができ段取りもよくなる。会社の中
で早い部署があることが分かった。それは人身事故担当の部署で次第に親しくなってい
った。ある人は示談の係なので保険契約に関しては私に紹介してくれるようになった。
そんないろんな人のおかげで3年後には全国で一番の成績を収め独立することができた。
倫理の学びのおかげだ。

1年も経つと元の自分に戻ってしまう。再び富士研に行った。このときは両親に手紙を書
いた。3度目は妻に手紙を書いた。富士研では本当に素直になれる。その素直な気持ち
で手紙を書きそのまま投函する。日常では考えられないくらい見事な手紙になる。しばら
く妻は何も言わない。あるとき喧嘩をしてしまった。妻は手紙を持ち出して『・・・この気持
ちは忘れたの・・・・・』私は何も言えなかった。 

  このM・Sもある意味では非日常だと思う。ここで気づいたことを日常に活かしていくこ
とができる場なのだと思っている。


| 竹田市倫理法人会::モーニングセミナー | 11:56 AM | comments (0) | trackback (0) |










http://www.oita-rinri.jp/office/taketa/blog/tb.php/1002
PAGE TOP ↑