■CALENDAR■
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31      
<<前月 2018年12月 次月>>
■LOGIN■
現在のモード: ゲストモード
USER ID:
PASSWORD:
■NEW ENTRIES■
■RECENT COMMENTS■
■CATEGORIES■
■ARCHIVES■
■LINK■
■PROFILE■
■POWERED BY■
BLOGN(ぶろぐん)
BLOGNPLUS(ぶろぐん+)
■OTHER■

3/8モーニングセミナーの様子
 こんにちは女性 やっと暖かくなり春チューリップを感じますね!

花や木が芽吹き、ウキウキしてくるのですが、一緒に娘の花粉症も現れはじめ
春を実感している今日この頃ですがーん

 それでは、先週のモーニングセミナーの様子です 下 下 下

3月8日  M・S

★ 姫野知俊会長挨拶



随分と暖かくなり春の訪れを感じるようになったが、春の訪れとともにいろんな問題が
吹き出してきた。北朝鮮の問題や大手企業の不祥事や文書改ざんの問題などが取り
沙汰されている。身近では高校入試があり関係者は大変だったと思う。母校である竹
田高校や三重総合高校は定員を割っている。特に三重総合高校は大きく割っており、
いったい何が起こっているのかと聞いてみると選抜制がなくなり大分市内の高校に進
学する生徒が増えたようだ。二次募集で様子は変わってくるだろうが、定員削減の問
題が起こってきそうだ。

 私は明日から富士研に行ってくる。仕事にも私生活にも迷いがありちょうどよい機会
になった。自分をしっかり見つめ直してきたい。

 さて、本日は私の兄でもある姫野武俊相談役にスピーチをお願いした。兄は自分に
厳しい人で実践の人でもある。最近ではM・Sを長期にわたり休むという実践をされて
きた。その実践結果報告も楽しみだ。


★ 役員スピーチ   『雑感』    姫野武俊 相談役



事業は椎茸問屋だが、以前は生産者から直に現金で購入する形態だったのが最近は
市場から仕入れることが主体になっている。大分の市場には全国から仕入れ業者がや
ってくるが、4年前ぐらいから市場の取引量が3番目になり、この1年ではNO1になった。
市場は月に3回ほどあるが木曜日が多くM・Sと重なってしまい出席が出来ない状況だっ
た。取引先が変わり販路は拡大したが仕入れ価格の高騰もあり増収減益の状況で踏
ん張り時だ。

 椎茸の消費が伸びず、生産者の高齢化により生産量が減っている。この季節は椎茸
の生産の時期で、この天候が続けば豊作になりそうだ。椎茸の全国の生産量は3000ト
ンぐらいで、そのうち大分県が半分の1500トンぐらいだ。我が社で取り扱う量が約50トン
なので県内の1/3程度を扱っていることになる。

 最近ではかりんとう、アリージュ、出汁など加工食品に力をいれている。また、シンガ
ポールに輸出が始まった。シンガポールは半分ぐらいが富裕層なので、これまでの中国
産菌床栽培椎茸から如何に取り込んでいくかが課題だ。

 昨年2名の男性社員が退職した。最も多忙な年末のことで大変だったが何とか乗り越え
ることができた。これを教訓に社員の働き方を見直し、女性活用の配置転換や軌道修正
を行っていきたい。

 昨年は竹田中学校のPTA会長をしたが、今年は竹田高校のPTA会長をしている。
4クラスを維持できないと進学校とはならない。少子化のなかで如何に4クラスを維持し
進学校を残していくかが課題になっている。昨年6月には竹田市教育委員に任命された。
子供のおかげで教育関係に携わることが多くなったが、子ども達の学力低下は甚だしく、
先生の働き方や小規模校の統廃合など課題は多い。

 当会の会長だった時は物事をプラス思考に受け止め夢が実現してきた。出席しなくな
ると発想は消極的になり、モチベーションが低くなってきた。すると即行ができなくなり、
小さな成功で満足してしまう。当時倫理指導を受けたが、栞第13条を徹底的に勉強しな
さいと諭されたことを思い出した。

今の生活を振り返ると朝寝をし、夜更かしをし、遅くまで酒を飲む。“職場の教養”3月6日
には、生活のリズムを整えないと良い仕事は出来ないと書かれていた。M・Sを休む実践
で学んだことは寝方と起き方、そしてそれを継続するには栞第1条の実践を積み重ねる
ことだ。


| 竹田市倫理法人会::モーニングセミナー | 10:55 AM | comments (0) | trackback (0) |










http://www.oita-rinri.jp/office/taketa/blog/tb.php/972
PAGE TOP ↑