■CALENDAR■
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31      
<<前月 2018年12月 次月>>
■LOGIN■
現在のモード: ゲストモード
USER ID:
PASSWORD:
■NEW ENTRIES■
■RECENT COMMENTS■
■CATEGORIES■
■ARCHIVES■
■LINK■
■PROFILE■
■POWERED BY■
BLOGN(ぶろぐん)
BLOGNPLUS(ぶろぐん+)
■OTHER■

5/17モーニングセミナーの様子
こんにちは女性 

今週23日(水)はいよいよ竹田市倫理法人会の
『倫理経営講演会』
です!

当日券(2,000円)もありますので、是非お越しください音符

18:30~  ホテル岩城屋 2Fです★

 それでは先週のモーニングセミナーの様子ですlove  

5月17日  M・S

★ 工藤伸吾副会長挨拶

姫野会長が出張不在のため代わりに挨拶する。
今日初めて参加された松井佑太さんを紹介する。(株)松井組社長の長男でこの4月に
松井組に入社した。・・・・・≪自己紹介≫

 私は大河ドラマが好きで“西郷どん”を欠かさずに観ている。西郷さんは鹿児島から江戸
まで何度も往復しているが、当時は全て徒歩だ。一人一台の車を持つ今の私達には到底
考えられないことだ。 “今日の道しるべ”の17日は『持たないことも幸せ・・・物を持つことが
幸せという思い込みはないか。その執着心から一度離れてみると、「ない」からこそ見えて
くるものがある。』とある。スマホの事を考えてみると、今は日常の必需品になった。いろん
な機能を使いこなすほど便利だ。子供達には幼いころから当たり前になっているが、「ない」
ときにどうするかなどの経験も必要ではないだろうか。


★ 講 話  『そうだったのか! 純粋倫理』 県内Le 秦 幸士 (速見倫理法人会)



S38年生 54歳 H27年4月に倫理入会 3年目 速見倫理法人会専任幹事。
(有)大洋運輸 代表取締役 35歳で結婚 娘二人。運送業のほかに廃プラスチック再生
事業と処理場などの水を浄化させるための活性炭事業を手掛けている。活性炭事業は
九州一円をカバーしており、種子島や離島など人の住んでいるところには必ずある事業だ。

 20歳のころからトラックに乗っており、長距離のドライバーだった。長距離ドライバーは
1週間ぐらい家に戻れない。30歳の頃妻と知り合ったが、結婚するには毎日家に帰れる
仕事でないと難しい。上司に相談すると営業管理部門をやれと上司の転職に伴い別会
社の管理部門を任されるようになった。名古屋・東京でも営業したが、やがて大分に戻り
ある運送会社の取締役として働くことになった。ドライバーは年をとると働くのが困難に
なる。肩たたき役が自分の仕事になり嫌気がさしてきた。高齢になっても働ける仕事は
ないかと模索し今の廃プラスチック再生事業や活性炭事業を始めることになった。

 リーマンショックによりガソリンが騰がり運送業は倒産の危機にあった。早期退職や
給料調整をしても到底追いつかない。考え付いたのが社内ベンチャーだった。自分達
で資金をつくり親会社に家賃やトラック使用料を支払う。新会社は社員10名、トラック5台
でなんとかスタートしたが、ちょうどこの頃、私は通信制の高校に行っていた。中卒の私
がいろんな資格はとったものの高卒の資格は取り残していた。これを取っておこうと4月
に入学したばかりだった。仕事をしながら日曜日は学校に行きレポートは大変だった。

 起業して2年目、3ケ月先の資金繰りの目途がつかなくなった。会社を上手に潰すコン
サルなどに相談もした。年末にこれまで積み立ててきたお金を社員に分け会社の状況
を説明した。その日の夜、肩を落として座っていると10年来一緒にやってきた部下が、
『社長!会社が潰れたらまた二人でトラックに乗り借金を返していきましょうよ・・・』と言っ
てくれた。このときになるようにしかならない、出来るだけのことをやろうと気持ちが吹き
切れた。正月の2日から一人で仕事した。すると効率が悪い部分が見えてくる。現場に
目を向けず有頂天になっていた自分が判った。

 あるお得意先の部長に状況を説明し何でもよいで仕事をさせて欲しいとお願いした。
するとその場ですぐにあちこちに電話をしてくれ仕事をつくってくれた。2日後に電話が
あり、『本当に駄目なときは連絡しなさい。うちの会社で何とかするから・・・』 涙が止ま
らなかった。この日を境に全てが好転し始めた。活性炭のほうも単価を見直して頂けたし、
公共事業の増加で仕事も増えた。支援してくれる人の言葉の力でこうも変わるのかと
感謝の日々だった。

 1年後には土地を購入し社屋を建てることができた。6年間で卒業できればよいと言わ
れた高校は3年で卒業でき晴れて高卒の社長になった。同級生とは30数年遅れた。
 この年の3月に倫理を奨められ入会した。以来休むことなく出席しているが、学びの度
に自分が変わっていくのが判る。

 起業当初からお世話になっている会計事務所の月次決算書裏表紙に『打つ手は無限』
という詩が書かれている。倫理に入会するまではその繋がりを知らなかった。その決算書
の中に所長の手書きのコメントが添えられてくるが、その最初のコメントが・・・・・
【東京に住んでいた頃、千葉県の滝口長太郎氏が経営する会社を1年間コンサルティング
させて頂いたことがあった。氏は尋常小学校を卒業後、海で海藻を拾う仕事についた。
毎日リヤカーを引きながら苦労を重ね、幾多の試練にも立ち向かった。極貧からスタート
した氏ではあったが持ち前のチャレンジ精神を発揮し、海藻問屋から不動産業、中華レ
ストラン、ゴルフ場と経営の多角化に成功し千葉県では有名な実業家となった。
 私の父と同年代の長太郎さんは当時30代の私をとても可愛がって下さった。仕事の後、
私はご自身が経営する西船橋の長太郎飯店でよくご馳走に預かった。
 長太郎さんが生前お書きになった『打つ手は無限』という詩がここにある。

  すばらしい名画よりも すてきな宝石よりも もっと大切なものを私はもっている
  どんな時でも どんな苦しい場合でも 愚痴を言わない 参ったと泣き言を言わない
  何か方法はないだろうか 何か方法はあるはずだ
  周囲を見回してみよう いろんな角度から眺めてみよう
  人の知恵も借りてみよう 必ず何とかなるものである
  なぜなら打つ手は常に無限にあるからだ


 この詩を○○会計事務所の月次決算書の裏表紙に毎回印刷して皆様にお届けしている。
今、思い返せば長太郎さんの所でコンサルティングをさせて頂いたつもりだったが、実は
反対に私がコンサルティングを受けていたような気がしてならない。『打つ手は無限』心に
響く言葉である】・・・と所長のコメントがあった。

 毎日この詩を読んでいるが、滝口長太郎氏が倫理法人会の生みの親だと知ったのはし
ばらくたってからの倫理経営基礎講座だった。『そうだったのか!』と運命を感じたときだった。
現在7年目、社員は80名、トラックは45台になった。社屋・倉庫も拡充できた。


| 竹田市倫理法人会::モーニングセミナー | 04:31 PM | comments (0) | trackback (0) |










http://www.oita-rinri.jp/office/taketa/blog/tb.php/981
PAGE TOP ↑