■CALENDAR■
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30     
<<前月 2019年04月 次月>>
■LOGIN■
現在のモード: ゲストモード
USER ID:
PASSWORD:
■NEW ENTRIES■
■RECENT COMMENTS■
■CATEGORIES■
■ARCHIVES■
■LINK■
■PROFILE■
■POWERED BY■
BLOGN(ぶろぐん)
BLOGNPLUS(ぶろぐん+)
■OTHER■

9/13モーニングセミナーの様子
 おはようございます! 今日も秋晴れ太陽気持ちがいいですねにこっ

大好きな秋もいつもアッという間なので楽しまなくてはと思う今日この頃ですにこっ

 それでは、先週のモーニングセミナーの様子です 下 下 下

9月13日  M・S

★ 工藤伸吾副会長挨拶

本日、姫野会長は阿蘇市倫理法人会より講師としてのお招きがあり、今この時間、講師
席で神妙な顔をして座っていることだろう。阿蘇の様子はまた後日聞けると思う。



 一昨日、雨で順延になっていた孫の中学校の運動会に行った。その感想は、とても清々
しく中学生たちのたくましさと優しさを感じた。徒競走で選手名がコールされると『○○
ちゃん ファイト!』などと他の学年が選手全員に声をかける様子はほほ笑ましかった。
3年生の運命競争で、選手と一緒に真面目に踊りながらゴールに向かうお母さんの姿に
も笑いが誘われ、私達の子育ての時代とは違った光景で楽しい運動会だった。


★ 会員スピーチ          首藤健二郎 (竹田市議会議員)




竹田市議会は第3回定例会で、昨日から一般質問が行われているが、早速初日に質問
した。3項目を用意していたが最初の岡城の質問で持ち時間の1時間を使ってしまった。
他の質問に対しても執行部はその対応を用意していてくれたと思うと申し訳なく詫びた。

 岡城の質問は、最近石垣の下部がコンクリートで補強されている。巾8m、高さ15mだ。
現状は少し黒ずんできたものの周囲の石垣とは異なり白く違和感がある。これは岡城を
400年間守り続けた先人たちに申し訳ないのではないかとの質問だった。
 市文化財課長は、『補強した部分は石垣ではなく岩盤であるので、この岩盤の崩壊を
防ぐための補強としてコンクリートが最適である・・・・』との答弁だった。景観への配慮に
欠けているのではないかとの質問には、『この部分は石垣ではなく岩盤であるので、石
垣を積むことは本来の姿ではないので好ましくない・・・』との答弁。色を付けるなどの
方法はないのかとの質問には、『着色は逆に馴染まないので経年変化を見守るのが
妥当である。上部からつる草を垂らし、下は成長の速い植物を植栽し景観形成を行う・
・・・』『なお、専門家の話ではつる草の成長により馴染んでくるのは4~5年と聞いている』
との答弁。

 この補強工事に際して議会への説明をしたのか、また商工観光課との意見調整をした
のかとの質問には、『細かい仕様については議会に説明していない。商工観光課とは
細かい部分の打ち合わせはしていないが、認識はしている』つまり、議会にも商工観光
課にも相談しないで文化財課だけの判断でやっているわけで、市民の思いも伝わって
はいない。果たしてこれでよいのだろうか。


★ 会員スピーチ          井 英昭 (竹田市議会議員)




私は本日の議会で質問する予定だが、その内容は、竹田市内の小中学校でエアコンが
設置されている割合および設置の予定を聞く。全国平均は49.6%、大分県平均では33.8
%、豊後大野市は100%である。ところが竹田市は幼稚園・保育園で100%だが小中学
校は校長室・職員室と保健室を除き0%である。

 子育て支援と幼児教育で保育の無償化について質問する。来年の10月から幼児教育
と保育が国の政策で無償化される。竹田市では幼児教育の最終年度が既に無償化さ
れている。そこで、これまで市が負担してきていた幼児教育費用が浮いてくるわけだが、
その分を何に使う予定かを問いたい。

 竹田市内(荻・直入を含めて)の小中学生は学年でおよそ120人から150人だ。H27年
生まれの3歳児は111人、2歳児は106人、1歳児は112人だ。少子化・高齢化と言われる
中、児童生徒数の減少が著しい。保護者の間からは学校の統合を望む声が大きくなっ
てきている。現状を踏まえ、保護者だけの問題でなく、竹田市全体の課題として小中学
校の統合を考えなければならない時期に来ているのではないか。


| 竹田市倫理法人会::モーニングセミナー | 09:45 AM | comments (0) | trackback (0) |










http://www.oita-rinri.jp/office/taketa/blog/tb.php/994
PAGE TOP ↑