■CALENDAR■
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
<<前月 2018年11月 次月>>
■LOGIN■
現在のモード: ゲストモード
USER ID:
PASSWORD:
■NEW ENTRIES■
■RECENT COMMENTS■
■CATEGORIES■
■ARCHIVES■
■LINK■
■PROFILE■
■POWERED BY■
BLOGN(ぶろぐん)
BLOGNPLUS(ぶろぐん+)
■OTHER■

9/27モーニングセミナーの様子
 こんにちはにこっ 週末の台風で被害などありませんでしたか?
今回の台風は雨よりも強風が凄かったですねぎょ 早く通り過ぎてくれる事を願うばかりでした汗

 さて、先週末の金曜は竹田市倫理法人会の平成30年度の報告会を無事終える事が出来ました四葉

ありがとうございましたにこっ 今回参加出来なかった方は次回のご参加お待ちしてます音符


 会長挨拶には笑いも・・・にひひ


 報告会後の懇親会も毎年ですがとても楽しく終了しましたにこっ
 

 それでは、先週9月最後のモーニングセミナーの様子です 下 下 下

9月27日  M・S

★ 姫野知俊会長挨拶



M・Sを2週間空けたが、この場に立つと身が引き締まる思いがする。1週目は阿蘇市
倫理法人会に招かれた。正直な感想は、先ず会場の雰囲気、「夢はてしなく」の歌声、
司会者の声、皆さんの姿勢、輪読のメリハリ感、緊張感、聴く側の熱意・・・など、どれを
とっても当単会が素晴らしいことを実感し誇らしく思った。先輩方が築いてきた当会のこ
の姿をしっかりと継承していこう。

 さて、本日のスピーチは工藤伸吾副会長とまだ未会員ではあるが7月から毎週連続で
参加して頂いている野村さんと吉野さんにお願いした。


★ 会員スピーチ   工藤伸吾 副会長   (株)松井組



S27年8月生 66歳 九重町の生まれ。 水分け峠から日田玖珠方面に4kmぐらいのところ
の集落。両親は戦後の開拓者で田んぼはなく畑作中心の農家。 父はあのアメリカでの
9.11テロの日に死んだ。母は91歳になるが健在で兄の農業を手伝っている。23歳のとき
竹田に来た。働くことになったのがたまたま建設業。以来建築関係で43年間勤めている。

53歳の時、大分の子会社に出向したが、5年足らずで会社はたたむことになり竹田に戻っ
てきた。このとき、大きな挫折感を味わった。去る7月12日の大分銀行伊東支店長のお話
にもでてきた『半沢直樹』のドラマにあった銀行の様子が、中小企業に押し寄せ、仕事の
大半はもっぱら資金繰りと銀行対応に追われたが、この約5年間の社長としての経験は
意義深いものだった。

竹田に戻って8年半ほどになる。3年半ほど前のH.17年1月、丸本名誉研究員に倫理指
導を受けた。相談した内容は、「最後のエネルギーをどう燃やすか」というもの。
丸本先生の指導は、『二人のために頑張りなさい』 『一人は社長、もう一人は出戻りの
長女のために・・・・・』 社長のために・・・は民間営業で成果を上げるべく頑張った。物件
のターゲットを定め、計画的に営業し、見積もりをする。できれば特命受注をしたいが中々
そううまくはいかない。複数社での競争見積もりになる。他社の金額を予想して自社の見
積もり金額を決める。実際に見積もりをした者でなければ相手の金額は予想できない。
設計事務所も取り込み情報を集めて入札金額を決める。いろんな方のお陰と運も味方し
てくれてかなりの成果があがった。長女のことはまた後日にお話しする。

今年66歳になった。私の賞味期限はそろそろかなと思い始めた。賞味期限ぎりぎりまで
いかず少し余力を残してきりをつけたいと思う最近である。

さて、話は変わるが、我が家の近くに不動様がある。立派な不動明王の木造立像が安
置されている。昔から8月28日がお祭りで私たちも受け継いできた。以前は子供も多く
祭りは賑やかだったが、最近は男だけの参加で先日は4人と寂しいものだった。先日の
4人の会話のなかで、最近ご婦人が掃除をしてくれたり花を飾ってくれているようだという
話しがでた。我々は1年に2回しか掃除していないのに申し訳ないなどと会話していると
ご婦人が一人現れ、祭りに参加してもよいかと尋ねる。何とそのご婦人は7月ごろより
このM・Sに参加してくれている吉野さんだ。そして花を飾ってくれているのが野村さんだ
という。
今日はお二人に自己紹介をしていただきたいと思う。


★ 特別スピーチ   野村矢枝氏    読売新聞販売店



S25年 朝地町生 現在は荻町馬背野在住 子供の頃は農家で9人家族 今は市を超え
て近くの学校を選べるようになっているが、当時竹田市との境界付近のわが家から小学
校までは遠く、あぜ道を通りひと山越えて4時間ぐらいかかっていた。今では道路ができ、
祖母はあの世でびっくりしているだろう。決して裕福ではなかったが両親が一生懸命に
私達5人姉弟を育ててくれた。最近ではこれまで男性の分野といわれてきた仕事に女性
の活躍が目立つようになってきた。是非応援したい。


★ 特別スピーチ   吉野誼子氏



S14年生 本籍は山口県 父の仕事の関係でいろんなところに住んだ。別府で結婚した
が竹田に帰り40年になる。若いときは戦争に振り回された時代だった。竹田に帰ったが
農業の経験がなく全く分からない。編み物の免許を活かしブラザーに勤めた。以降夫婦
ともに農業は休みの日だけで会社に勤めてきた。倫理の事は以前から知ってはいたも
のの機会がなかった。知り合いのタケモク工藤社長のところに行った時「職場の教養」を
手にした。M・Sに参加するようになって皆さんの素晴らしさを感じる。


| 竹田市倫理法人会::モーニングセミナー | 11:16 AM | comments (0) | trackback (0) |










http://www.oita-rinri.jp/office/taketa/blog/tb.php/996
PAGE TOP ↑