■CALENDAR■
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31   
<<前月 2017年08月 次月>>
■LOGIN■
現在のモード: ゲストモード
USER ID:
PASSWORD:
■NEW ENTRIES■
■RECENT COMMENTS■
■CATEGORIES■
■ARCHIVES■
■LINK■
■PROFILE■
■POWERED BY■
BLOGN(ぶろぐん)
BLOGNPLUS(ぶろぐん+)
■OTHER■
 

8/24モーニングセミナーの様子
 こんにちは女性 8月も残りわずかとなりましたね!

今週末はもう9月・・・ 今朝窓を開けると若干涼しい空気がぎょ

秋が近づいてますにひひ 朝が肌寒くなる季節が大好きなのでワクワクした朝でしたにこっ

 それでは、先週のモーニングセミナーの様子ですlove

8月24日  M・S

★ 姫野知俊会長挨拶



倫理法人会は8月が年度末で当会の会員社数が確定した。目標は75社だったが、少し
届かず71社となった。しかし県内の他単会と違う面は会員社数だけでなく、モーニング
セミナーではこうして毎週多くの皆さんが共に学んでいる中身の濃いことだ。

 さて、来期は当会設立10周年を迎えるが、11月4日に記念式典を計画している。この
時点では75社で式典を行いたいと思っているので引き続きご協力をお願いしたい。

本日の栞輪読第13条【本を忘れず 末を乱さず】で、最近の仕事への取組みについても
考えさせられた。困難に気をくじかせることなく終始一貫やり抜いていこうと改めて思った
次第だ。


★ 特別スピーチ   竹田市社会福祉協議会 事務局長  児玉誠三氏



噂には聞いていたが、清々しい節度ある皆さんの会にほれぼれし、メリハリのある進行
に感激したところだ。竹田市社会福祉協議会の会長は野田副市長だが、私は常務理事
兼事務局長と竹田市経済活性化促進協議会の活性化推進室長も兼務している。

 社会福祉についての話ということだが、あまりに範囲が広く言葉で説明するのは難し
いが、自分なりに考えていることは、生まれたときから最後までをこの地域で安心して
暮らせる仕組みづくりとその支援だと思っている。

 竹田市の人口と高齢化率の将来推移だが、団塊の世代が75歳になる6年後の2025年
には人口は約18500人、高齢化率は51%と推測されている。そして21年後の2040年には
人口は約13500人、高齢化率は50%と推測されている。
 竹田市は自宅死の割合が4.5%と県内で最も少ない。全国平均が12.8%なので異常
に少ないことが解るが、自宅での看取りが少ないのは一概には言えないが病院での
最後が多いということだろう。

 市内の自治会別年齢人口で65歳以上のトップは宮城地区で60.7%だ。つづいて宮砥、
嫗岳、入田と竹田南部地域が高い。それだけ元気のよい高齢者が多いようだ。

 さて、このような竹田市の状況の中で、社会福祉協議会、活性化協議会、そして行政
の複数の課が連携して、支え合い推進会議が発足し、月に1回の協議を行うようになっ
た。これは今までになかった画期的な協議だ。これからは医療・介護・予防・住まい・
生活支援を同時に考える地域包括ケアシステムが重要になってくるが、竹田市はその
先駆者で議論を進めている。福祉の地域づくりには社協、行政だけでなく地域の消防団
や郵便局などを含めた幅広い情報が必要だ。

 例えば、高齢者の移動手段の確保だが、病院や買い物に行きたい場合に自家用車
に依存しなくとも生活の維持をしていくためにどのような仕組みが可能か。貨客混載の
解禁などを踏まえ、社会全体で高齢者の生活を支える体制整備をすすめている。貨客
混載が可能になればタクシーだけでなくワゴン車などでの旅客輸送が可能になってくる。

 子育てサポートでは病児保育や児童館の運営を行っている。ボランティア活動では
「自助」「互助」「共助」「公助」の観点から地域支え合いの仕組みづくりに取り組んでいる。
先の熊本地震での阿蘇地域へのボランティアベースキャンプは県境を超えての支援で
珍しく全国から注目された。

 最後に『緊急安心ポット』を紹介する。これは高齢者の「もしも!」の際に迅速な対応
につなげるために、かかりつけの病院や薬、緊急連絡先などの情報を「安心ポット」に
入れて冷蔵庫に保管しておくもので、救急隊の初期対応に役立つものだ。65歳以上の
高齢者のみの世帯に地域の民生委員が希望者に配布している。いずれにしても大切
な事は地域の皆さんによる支え合いだ。
 
社協には5つの原則がある。「住民主体」、「住民活動主体」、「民間法人」、「専門性」、
「公民一体」。
市を退職された方などがもっと積極的に地域の活動・仕組みづくりに携わっていただき
たいと思っている。


| 竹田市倫理法人会::モーニングセミナー | 11:18 AM | comments (0) | trackback (0) |
8/17モーニングセミナーの様子
 こんにちは女性 お盆休みも終わり新学期も始まってきましたね!

夏の疲れは出ていませんか?

私は昨日、たぶん社会人になってから初めて、休息のためにほんとにのんびりしましたオッケー

休むことへの罪悪感も不安もなく、はまって休む!事が出来たことになぜだか感動ぽわわ

休息って大事だなぁ~と感じた一日でしたにこっ 皆さんも無理せず休んでみてくださいね!

 それでは先週のモーニングセミナーの様子ですlove

8月17日  M・S

★ 姫野知俊会長挨拶

本日の栞輪読は第12条で、内容はとても短い章だった。ところが、先週は第11条の最
も長い章だったにもかかわらず参加者が少なく一人が数回読まないと終わらない状況
で初めての経験だった。本日は多くの方にご参加いただきありがたい。

 皆さんの夏休みはいかがだったでしょうか。私は趣味を楽しんだり、草切をしたり、夜
は旧交を温めたり、仏壇の前にも座りこれでよいかと父に問いかけたりもして有意義な
5日間を過ごしリフレッシュできた。

 さて、本日のスピーチは当会員でもある市議会議員の佐藤美樹さんにお願いした。
佐藤市議は竹田唯一の女性議員であり、また会議所青年部や街の行事などにも積極的
に参加され市民の信頼が非常に厚い方だ。こうして市議の話を間近に聞けることは幸せ
なことで稀な場面であると思う。楽しみにしたい。


★ 役員スピーチ   佐藤美樹  (株)岡城工業  (竹田市議会議員




ここで話すのは3回目になる。本日は現在の私の基本になっている過去の職業の経験を
お話ししたい。

高校卒業後、北九州にある大学の英文学科を卒業した。その後八幡にあるトヨタ系の
自動車販売会社に就職した。当時はバブル崩壊後でリストラという言葉が出現し、就職
氷河期だった。英文学科で教員免許を取得したものの当時は竹田の魅力が解らず、
都会へのあこがれと車が好きなこともあって自動車販売会社の営業職を選んだ。

同期入社は14人で、女性は4人だった。女性で営業職を選ぶことは当時ではまだ珍し
かった。入社まもなく3か月間の新人教育がある。挨拶の仕方、名刺交換の仕方など
社会人としての基本を徹底的に訓練される。名刺は自分の顔の代名詞だ。行政マン
の中にもそのビジネスマナーがしっかりしている人は少ないと感じる。竹田市職員は
いろんな人と会う機会が多く市を代表する顔だ。これからは職員のビジネスマナーに
ついても苦言を呈したいと思っている。

“リストラ”や“24時間闘えますか”などの言葉がTVから聞こえてきた時代で、毎朝朝礼
前の軍隊式30分ジョギング、大声での発声練習、腕立て伏せなどもあった。車の知識
についてはパンフレットの一字一句を暗記し部品の名称まで覚えていき試験がある。
合格しないと追試があり前には進めない。印象深かったのはトヨタ本社の見学だった。
テスト走行のコースを走らせてもらったし、生産のラインも見た。これから自分が売る商
品がどんな現場でどんな人達によって作られているのかを知り、好きで誇りを持つこと
の大切さを教えてもらった。今自分が逆の立場で、ある商品を買おうとする場合、売る
側の誇りや熱意を見ている。ケイタイでも洋服でも全てのことに当てはめられると思う。

自動車販売会社はノルマの厳しい職場だ。毎朝地獄の朝礼がある。TVで見るあのとお
りの光景で不振な人には1時間にもわたる叱責がある。40~50台の展示車を素手で洗
うのもつらかった。特に冬は厳しかったが、それが車への愛情だった。

3か月間の研修を終え現場へ配属されると、車を売る前にJAFの会員契約を命ぜられる。
私の場合は会社付近に知り合いはいないし、どうしたものかと悩んだあげく、ふと目に
留まった河川敷で野球の練習をしていた人達に声をかけると7件もの契約が一挙にとれ
た。困ったときに恥も外聞も気にせずに飛び込めば何とかなるものだと知った経験だった。
車を売るということはお客様の人生に寄り添う事で、長ければ10数年のお付き合いになる。
心を割って話せる信頼関係が必要だ。

今年の選挙が終わり、5月に20年ほど前の職場を訪問してみた。当時の上司や同僚は
もうほとんどいなかったが、当時のスーパー営業マンがまだいた。彼は多い時には月に
20台の契約をしていた。話をしていると数年前に累計販売台数は3000台を達成したと
いう。全国に車の営業マンは何万人といるが3000台を超えている人は数少ない。記念
冊子の写真を見ると3000台目のお客様のナンバープレートは3000を付けている。まも
なく達成する予定の4000台目もそのお客様が4000と付けるという。これほどまでにお客
様との信頼関係を築いてきていることに感銘を受けた。突然現れた私のために1時間も
時間をさいてくれるなど考えられない。お客様が何のために彼に対してそこまで肩入れ
してくれるのか。彼は人との出会い、本音での誠実な、対応を大切にする人だからこそ
できた偉業だと考えさせられた。持参した竹田市のパンフレットを渡し、社員旅行に是非
竹田を選んでいただけるようしっかりお願いした。

 この社会人としての基礎をたたきこまれた会社への20年ぶりの訪問で、私の原点を
振り返ることができ、新人教育の大切さ、ビジネスマナー、などを改めて考える機会に
なった。性格の違ういろんな人と会い、話さなければいけない議員活動でコミュニケー
ションスキル、忍耐力を高めていかなければと思った。


| 竹田市倫理法人会::モーニングセミナー | 11:03 AM | comments (0) | trackback (0) |
8/3モーニングセミナーの様子
 おはようございます! 心配していた台風も被害なく通り過ぎてくれましたね!

週末はキャンプやお祭りの開催予定が中止になってしまったりと、残念でしたが

被害が無かったのが何よりです太陽  

 それでは、先週のモーニングセミナーの様子です 下 下 下 

8月3日  M・S

★ 姫野知俊会長挨拶

7月度の皆勤賞3名を表彰。

8月になりいよいよ暑い日が続いている。そのうえ連日の大雨警報が報じられているが
皆さん如何でしょうか。昨日福岡に行ったが、高速の車窓から見える光景は1ヶ月経っ
てもほとんどそのままで悲惨な状況だ。被災された方々のご心労に比べると私の普段
の悩みなどちっぽけなものに感じる。本日輪読した、仕事ができる喜びにもっと魂を打ち
込んでいかなければと思ったところだ。


★ 会員スピーチ      首藤健二郎   (竹田市議会議員




議員になって3ヶ月が過ぎた。本日は選挙とはどういうものかということと竹田市議会
議員についてお話しする。選挙は1週間あるが、当選すると本人の立場は変わる。
これまで20数年間テレビのタレント、ラジオのパーソナリティーとして好き勝手に喋り、
如何に税金を少なく納めるかと考えていた男が、1週間で非常勤公務員になり税金を
もらいながら生活する立場になる。その変わった立場を未だに毎朝自分に言い聞か
せるような日々だ。

 さて、何故議員を目指したかだが、去年の1月には決めていた。レギュラー番組をもっ
ていると選挙の3か月前には降りなければいけないことになっている。番組は4月に始
まり翌年3月に終わる年間契約なので12月までには全ての番組を終了しておかなけれ
ばならない。従って局に迷惑を掛けないようにするには1年前の決断が必要だった。

 4年前の年末に親しい人から市議会議員にでないかと勧められた経緯がある。
“人生は一度きり”これに尽きる。局に相談するとレギュラー番組が3月まであるので
今は無理だということで断念し、それから4年間かけて考え臨んできた。

最近では仕事の上で年齢を感じることが多くなってきた。例えばイベントなどで若いスタッ
フにボケを言うがそれが伝わらないことが多くなった。また一昨年、ガンが見つかった。
ガンを経験すると現実を受け入れなければならない。嘆いても悩んでもどうしようもない。
闘うしかない。早く見つかって運がよかったと思えるようになり、全てを受け入れ新たな道
へ進もうと決意した。

選挙を経験すると大人になれる。昨年の10月ごろから選挙準備にはいるが、後援会長が
決まらない。誰も引き受けてくれない。年が明け2月になっても決まらない。影では応援す
るからと皆言う。表で応援してくれる人をお願いしているのに・・・・・と思うが世間は冷たい。
覚悟を決めて先輩にお願いし引き受けていただいた。

選挙は毎日思わぬことが起こる。選挙カーはレンタルしていたが、初日の遊説が終わり
事務所に帰り着いたときドアミラーが外れ落ち割れた。古参のある人は、『落ちたとは言
うな! 数が増えたと言え!』なるほど一同爆笑だった。直ぐに応急処置をしてもらい翌
日に間に合った。

選挙には神事がつきものだ。事務所開きそして出陣式の神事で神官にお願いする。全員
の候補者が重なるので神官さんは掛け持ちになる。私がお願いした神官さんは何か変だ
った。髭は伸びてるし、お酒臭いなと感じた。そして神事が終わるとあたふたと次の候補者
の出陣式へと行かれた。ところがその2日後亡くなった。当事者の身になって考えてみて
ください。これで本当に勝てるのかなと思った。

年配の人達にはまだ以前の選挙のやり方の考えが残っている。飲み食いの接待まで要求
する人も未だにいる。自分の考えを主張すると何だか悪いことをしているような状況に陥る。
しかし決めた以上、全てを粛々と受け止めてやらないと選挙は前に進まない。

先日、初めての一般質問に立った。地方議会もテレビで見る国会中継の縮図だ。そこには
小さい梯子を外されたり、小さい忖度があったりと様々だ。最初の取り組みは竹田南高校
に女子サッカー部を作りたいと考えている。全国に通用するクラブにし、市民が誇りと夢を
持って応援できるように成長させたいと思っている。
今後の活動においても堂々と考えを主張し実現していきたい。


| 竹田市倫理法人会::モーニングセミナー | 10:37 AM | comments (0) | trackback (0) |
PAGE TOP ↑