■CALENDAR■
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30   
<<前月 2017年11月 次月>>
■LOGIN■
現在のモード: ゲストモード
USER ID:
PASSWORD:
■NEW ENTRIES■
■RECENT COMMENTS■
■CATEGORIES■
■ARCHIVES■
■LINK■
■PROFILE■
■POWERED BY■
BLOGN(ぶろぐん)
BLOGNPLUS(ぶろぐん+)
■OTHER■
 

11/16モーニングセミナーの様子
 こんにちは女性 竹田市の一大イベント 『竹 楽』も終わってしまいましたねあうっ

竹楽に行かれた方はいらっしゃいますか?

私は実家も竹田市にあるので、竹楽の楽しみもしかり、姉妹が帰って来るのでそれも
また楽しみの一つですにこっ

 それでは先週のモーニングセミナーの様子ですlove

11月16日  M・S

★ 姫野知俊会長挨拶



ここに立つと皆さんの視線が集中していることを感じることが出来、この一週間の生活
を改めなければと思う次第だ。 
 
 いよいよ明日より竹田の最大のイベントである竹楽が始まるが、三日間で延10万人を
超えるお客様が来てくれる。その始まりは倫理の初代会長でもある田部顕一郎さんが
中心となり竹林整備の里山保全の目的で3000本の竹灯篭から始めたイベントが、今や
20000本の竹灯篭となり人々を楽しませてくれる。これまでの並々ならぬ努力と熱意の
継続の結果であり、改めて田部氏に敬意を表する。明日は竹楽を始めた皆さんのその
思いを感じながら竹灯篭の灯りを楽しみたい。

 さて、昨夜は倫理経営基礎講座があり即行の実践について学んだ。講師の新原参与
は竹田に2回目だ。氏は倫理歴50年で海外での普及にも尽力された方だ。


★ 講話  『天候気候と事業の盛衰』  新原隆一 (一社)倫理研究所 参与



私たちは人・物・自然に支えられ生きている。

1. 丸山敏雄の自然観(『純粋倫理原論』より)
◇「およそ地上には、悪いものがない、いやなものがない。それが自然である。これが、
物の世界である。それにどうして、人の世に、道徳の世界に、不完全という言葉があり、
不能の文字があり、善悪、美醜、好悪があるのであろうか。」【全個皆完の原理】
◇「天候に晴雨風雪があり、気候に寒暑乾湿がある。晴れがよくて雨が悪いのでも、暑
が正しく寒が不正なのでもない。温暖がよいといっても、烈寒酷暑がまちがっているので
はない。正負陰陽の対立であり、変化にすぎない。(中略)天候気候こそ千変万化の宇宙
の動きを、最も早く如実に知らせるものであろう【同上】

2. 天候気候の倫理のポイント
◇「このように思い通りにならぬ、その上今日も明日も一分一秒もはなれることの出来ぬ
天候気候に対する心がまえと、その行い、これが『天候気候の原理』である。それは、
『順応』そのまま素直に受けとって、手立てをして、少しも不足に思わず反抗せぬこと
『畏親』えらい力だと敬い畏れ、なごやかな心で親しむこと【天候気候の倫理】

3. 天候と肉体との関係
◇「天候気候は、正しく天来のもの、天より与えられたもの、人間の力でこれをどうする
ことも出来ぬもの。この『どうすることも出来ぬもの』に対して、いやに思い、恐れきらう。
これほど馬鹿げたことはない。このような思っても及ばぬことに気を遣い心をくだき、心配
し恐れることが、どれほど多くの病気の原因になり動機になり、また起こった病気を悪く
する役目をさせていることであろう。」【天候気候の倫理】

4. 天候と事業との関係
 ◇「気候や天候によって仕事の能率が上下することは、だれもあたりまえのように思っ
てこれまで何の不審もいだいていないようだが、これは天候気候の良し悪しにその原因
があるのではなくて、そうした天候に引きずられて、人の心がだれたり引き締まったりす
るからである。」【天候気候の倫理】

5. 人の和と天の順
 ◇「ここに今一つ残った重大なことがある。それは、『人天に順えば、天また人に和す』
ということである。世には、一方ばかりに動くということは無い。人がおだやかな心で天候
に順応するとき、天候もまた人にやさしくやわらいでくるのである。人の心によって、天候
気候のほうが変わっていくという趣がある。」【天候気候の倫理】


| 竹田市倫理法人会 | 12:37 PM | comments (0) | trackback (0) |
11/9モーニングセミナーの様子
 こんにちはにこっ 
いよいよ今年の竹楽も今週末となりました!
毎年竹楽への参加の仕方が少しずつ変わりはじめ・・・

家族で楽しむ 右 子供の付添 右 子供の送迎 右 同窓会ぎょ

子供に手がかからなくなると、嬉しいような、寂しいような・・・

だんだん竹楽で帰省する人もいるのでプチ同窓会の話を聞くようになり
そんな姉の姿を見ていたら、私も今年はそんなお年頃になりました汗

最近、子供が巣立った後の過ごし方をよく考える様になった私ですにこっ
次はボランティアだなオッケー

 それでは先週のモーニングセミナーの様子ですlove
 
11月9日  M・S

★ 姫野知俊会長挨拶

先週の竹田市倫理法人会設立10周年記念式へのご出席ありがとうございました。お陰
様で盛大にそして立派な記念式となった。特に歴代会長のお話をいただいたことが竹田
ならではの、そして竹田しかできない素晴らしいものだったと思う。4代目会長としてはこ
のM・Sを更に充実させていきたい。また、会員スピーチは人前で話すことの練習になる
ので聴くだけでなく話すほうも充実させていきたい。

 さて、本日はDVD学習を予定していたが、土居県議と大杉天伸M・S委員長がお見えい
ただいたので、急きょ予定を変更してお二人に講話をいただくことにした。


★講 話     土居昌弘 大分県議会議員



先ずは先週の10周年おめでとうございます。昨夜は竹楽に向けての能の稽古があった
があったが体調がすぐれず欠席した。今朝はそれも回復したので、先週の記念式の折
にある歴代会長との約束を果たすべく出席した次第だ。

 命(いのち)について話したい。仏教では四苦八苦という言葉がある。四苦とは生老病
死で、これは自分ではどうしようもならない。死をどのように受け止めていくか。
竹田市は在宅での死の割合が少なく4.5%程度だ。逆に言えば病院や施設で最後を迎
える人が多いということで、それだけ施設が充実していることにもなるが、随分と低い。

映画「おくりびと」の原点となった「納棺夫日記」の著者である青木新門という作家は、人
と人とのつながり、家族のつながり、死者と生者のつながりが、いかに大切かということ
問いたかったと話している。自宅で死を迎えることにより、家族に死にざまを見せるで命
のバトンリレーをしていく大切さを問うている。

在宅死という選択肢もあるので社会福祉協議会などとも協議を深めていきたい。


★講 話  『M・Sの活性化』  大杉天伸 大分県M・S委員長



10年前、当時大分南倫理法人会の会長をしていた関係で竹田の設立に係わってきたが、
当時からの役員のひたむきな努力で10周年を迎えたことに敬意を表したい。

 倫理法人会の一番のウリはM・Sだ。早朝から参加している人が共有して持っているも
のは向上心で、自分を律する謙虚さだ。油断するとわがままが出る。思い通りにならない
とわがままになる。わがままになると回りの人に影響を与える。そのわがままをリセット
する場がM・Sで、そこには仲間がいる。

 M・Sはマニュアルに沿って全国同じスタイルで行われているが、自らが自己革新を図
り、企業と家庭の健全な繁栄と地域社会の発展、ひいては日本創生に貢献するリーダー
を育成するために、純粋倫理の学習・実践の場、朝型の生活習慣を体得する場としている。

 先日の全国M・S委員長会議での内田局長の話だが、ディズニーランドに再度行きたく
なるのは何故か? それは全員が主役だからだ。駐車場係りから掃除の係りまで全員が
主役になり、役に徹していることが、訪れた人にまた来たくなる思いを与える。スタッフに
は前日の食べ物までマニュアル化されている。その倫理法人会版がM・Sで、また来たく
なるM・Sづくりが大切だ。

 栞17条のP116には【・・・その大演劇の主役は己自身である。・・・・その時、その場を、
いかに真理(神)の筋書きに合するように演出しているか・・・・】とあるが、その役に徹す
る感性を磨くことが大切だ。

結果を求める前にプロセスを楽しもう。


| 竹田市倫理法人会::モーニングセミナー | 12:35 PM | comments (0) | trackback (0) |
11/2モーニングセミナーの様子
 こんにちは女性

先週の土曜日(11/4)、無事 竹田市倫理法人会の10周年記念式を終える事が
出来ました星
63名の方にご出席いただき、竹田らしく楽しく終える事が出来たのではないかと
思います。
これもすべて、皆様のおかげしくしく

本当にいつも、いつもありがとうございます!


 私も、新たな気持ちで頑張りたいと思いますのでよろしくお願いいたします<(_ _)>

 それでは、先週のモーニングセミナーの様子ですlove

11月2日  M・S

★姫野知俊会長挨拶

 竹田市倫理法人会は設立10周年を迎える。11月4日には記念式を行うが、その準備を
進めていただいた役員の皆さんにはよろしくお願いします。会員数も75社を達成した。
この社数を維持していきたい。

★会員スピーチ 『倫理10年 あれから10年も~♪』 甲斐昇一郎 県南豊肥副地区長

倫理を始めて約10年、会長を3年。その間にいくつものピンチや苦難、岐路があったが
倫理指導を受け実践し物事が変わる。自分自身も不思議と導かれて今があるように思う。

【竹田市準倫理法人会開設、竹田市倫理法人会設立】

・竹田に月1万円の会費で毎週のように講師が来てくれて勉強が出来る。人の成功を真
 似て、人の失敗を教訓にすることができる。
・富士研受講…禊ぎの衝撃、両親への感謝の手紙。自分の限界を超える体験をした。
・事務長、専任幹事時代…「形作り」、「役に徹する」、「事務局の広瀬さんの支えに感謝」
 (誕生日のお花、MS皆勤賞、役員朝礼の充実、竹田市5周年、竹楽清掃etc)
・元旦MS、水害MS、涙のMS、笑いのMS、睡眠MS・・・521回になる。

【会長時代】

・事務長、専任幹事を経たが、他の方に決まっていた会長職。青年部会長とW会長。
・佐藤博治さん、村上尊宣さんの言葉~器を大きくする勉強。憂うな。振り子の法則。
・妻への土下座・・・倫理指導①を受け、和室で妻に対面し話す。妻は「わかりました」の
 一言。会長初日の朝ネクタイと手紙があった。
・MSの充実作戦・・・MS出席者数で大分県常時上位。朝食スタイルの変更。
・倫理指導の拡大・・・「苦難、困難、悩み」—「倫理指導」—「実践」—「変化、改善」—「体験発表」を積極的に勧める。

【夫婦・家族】

・親子、嫁姑問題・・・倫理指導②を受ける。 まずは夫婦。妻が第1。親子の間で恨みは
 残らない。妻の話しを聞きなさい。→聞くに徹する。和やかに接する→居なくても大丈夫。
 →母が会社から身を引く。妻の成長。親子の和やかな会話が増える。

【会社・業績】

・会長をすると業績があがる神話は本当だった!! ~ まさに「振り子の法則」
・不良債権の整理と直営農場の展開~卸売業から製造業へ業態変換。
・落とし穴・・・ベテラン社員の退職、雰囲気の悪化、妻への社員からの諫言
        代替わりの宿命…「冷たい」「ドライ」「ついていけない」
倫理指導③を受ける・・・ 父親への謝罪。重荷を外し、常に明るく。自分が気負うから社員
に気負わせている。倫理は明朗を尊ぶ。常に明るく、社員とコミュニケーションをはかるこ
とを実践中。

【まとめ】

・自分の仕事に努力するのは当たり前。良い運が必要、良い運をもってくる努力が必要。
 …「人の喜び我が喜び」⇒「振り子の法則」
・墓参りと「おかげ様」。先祖に手を合わせる思いを子供たちに伝える。
・倫理は「生涯学習」、心持ちの勉強。順境でも逆境でも学び、実践する。「すなお」な人が
 伸びる。凡事徹底・・・続ければ非凡。


| 竹田市倫理法人会::モーニングセミナー | 11:38 AM | comments (0) | trackback (0) |
PAGE TOP ↑