■CALENDAR■
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30      
<<前月 2018年04月 次月>>
■LOGIN■
現在のモード: ゲストモード
USER ID:
PASSWORD:
■NEW ENTRIES■
■RECENT COMMENTS■
■CATEGORIES■
■ARCHIVES■
■LINK■
■PROFILE■
■POWERED BY■
BLOGN(ぶろぐん)
BLOGNPLUS(ぶろぐん+)
■OTHER■
 

4/5モーニングセミナーの様子
 こんにちは女性 お天気は良いモノの風も強く寒いですね汗
週末の土曜はチラホラ雪雪が降ったりもした竹田市ですぎょ
3月の雪はありますが、4月の桜が散ってからの雪なんてビックリですぎょ
皆さま、体調崩されませんよう気を付けてくださいね汗

 それでは先週のモーニングセミナーの様子です 下 下 下

4月5日  M・S

★ 姫野知俊会長挨拶



3月度の皆勤賞6名を表彰。



新年度の4月になった。暖かくなり明るい清々しい季節の訪れだ。事業である椎茸の消費
が落ち込み、営業の立場である私の出張が多くM・Sを欠席することが多い。

身体作りのためにとマラソンをしているが最近は体調不良だ。今年に入り足の肉離れを
おこし、便潜血があって胃にポリープが発見された。耳の鼓膜が破れ、その後奥歯が2
抜けた。大変な赤信号だと思い先日は佐世保まで妻の母親の墓参りに行ってきた。私の
父親の墓参りはもちろんのことだが、久しぶりの妻の実家への墓参だった。早く体調を
整え生活のリズムを取り戻したい。


★ 講話  『“冥加訓”の教えに学ぶ』  本田耕一氏  (元竹田市立図書館長)



『天から与えられた命を、いかに生きるか』 岡藩の儒学者・関一楽が著した『冥加訓』
という書物がある。人間は誰でも天から与えられた職分があり、人の道に則ってその職
分を全うすることの大切さなどを説いている書物である。

 関一楽(せきいちらく) (1644~1730) 備前岡山の医師だったが、1696年、豊後岡藩
に招聘され藩儒となる。藩の子弟のための私塾は後に藩校・輔仁堂となり、のちのち
由学館に拡張された。

 関一楽は「人は正直に生きよ、正直さを失えば忽ち人生は破滅してしまい、たとえ生き
延びたとしてもたまたまであり長続きはしません。賞美はもともと天地自然が守ってくれ
るものであり、正直な行動に応じてくれます。罰は自ら招くもので、天から見離されてし
まうのです。目で見ることができず、何処ともなくやって来るもので、これを冥加といい
ます・・・」 “冥加訓”の教えを現代の私達に当てはめれば、事業成功の必須条件として
“誠実さ”が求められる。言葉に誠実さがなければ人は信頼してくれないと説いている。

 論語の雍也(ようや)に「人の生くるや直たれ、之罔(これな)くして生くるは、幸いにし
て免るるのみ」とあります。直は悳(徳)であり、人生は道徳的でなければ信頼を失うと
解する説もあります。

 ものごとを推し進めるには、誠実さがなければ賛同を得られませんが、独りよがりの
真面目さは他者の意見を採りいれないため、敬遠や拒否される要因になります。
外見は誠実そうに見えても、相手に伝わらなければ現実的な対応にはなりません。
孔子は直の難しさを自覚し、矛盾や不条理なことが混在する世間で通用する誠実さを
見つけて欲しいと言っているのではないか。

 “冥加訓”序では・・・人は天の定めがあることを悟るべきで、天命ともいうものです。
これを少しも疑ってはいないのに、凡人は目先のことだけ考え、言葉の意味をよく理解
しないから迷い正しい判断が出来なくなり、冥加に叶うことをせず、冥加に背くことばかり
するのです。人は善行と悪行はよく心得ているはずですが、心の弱さから飲(過酒)・食
(美食)・色(情欲)の三つの欲から逃げ出せず、失敗してしまうのです。これを防ぐため
誰でもわかりやすい冥加の教えを書いてみました。王や身分の高い人から庶民に至る
まで冥加に背くことなく、大切にして守らねばなりません・・・(関一楽81歳の時記す)


| 竹田市倫理法人会::モーニングセミナー | 11:10 AM | comments (0) | trackback (0) |
投稿:こんなところに!
こんなところに!


わが家の軒下の道具置場



ときどき道具を取りに行くと決まって鳥が飛び立つ
もしかして? と探してみると
ほうきのてっぺんでたまごを温めている
たまごは5つほど



セキレイだ
無事に巣立ってくれよ

苗のケースを利用して温室をつくった



 
ネギの種をまいたら見事に発芽

ビオラは花盛り




| 竹田市倫理法人会 | 12:05 PM | comments (0) | trackback (0) |
3/29モーニングセミナーの様子
 こんにちは女性 週末は桜が満開で綺麗でしたね! 昨日から花が散りはじめ
桜吹雪も綺麗なのですが、もったいない気もしますね・・・。
もう少し長く見ていたいものですにこっ

 それでは先週のモーニングセミナーの様子ですlove

3月29日  M・S

★ 竹内光子副会長挨拶




姫野会長が出張不在のため代わりに挨拶する。こじらせて長引いた風邪だったが、春の
訪れとともにようやく治った。今週末は桜まつりがある。天気は良さそうで桜はちょうど
満開になりそうだ。当会員のなかにも大名行列に参加される方や支える方がおられます。
寒暖の差に体調をこわさないように気を付けてください。

 さて、本日は矢野雅則法人Leに講話をお願いした。氏は倫理歴31年ということだが他
に“大分掃除に学ぶ会”の代表世話人をされている。2年前のことだが、広瀬神社のトイレ
清掃に参加した。事前の説明では一つの便器を一人が受け持ち1時間清掃するという。
いったいどんなことをするのかと思ったが、やってみて納得した。道具が揃えられており
マットに膝をついて力をいれて便器を磨く。きれいに磨き終わったあとの爽快さはこれま
でに経験したことのないものだった。

 本日は矢野Leの誕生日だ。おめでとうございます。


★ 講話   『チャンスをつかむ』  矢野雅則 法人Le (合同会社 矢野商店)




S23年3月29日生 70歳 竹田市玉来で家内商売の家に生まれ善き両親の後ろ姿で育
つ。 竹田商業高校を卒業後大阪のガソリンスタンドで6年間働き、結婚して3年後、26歳
のときに大分に戻る。妻と二人三脚で生業小売商売を始める。開業時は大阪で働いてい
た時にお世話になった仕入れ先の社長に援助と支援を頂き、また友人に技術の指導を
頂いて継続できた。開業時の恩人だ。

同業である鍵山秀三郎氏と出会い、人生の師匠として仰ぎ商人の生き方を学ぶ。30歳
の時、銀行から1億円の融資を受け土地を購入して店舗を新築する。3年後には2店舗
目を出店したが、以来その銀行とのお付き合いが続き最大時は18億円の融資を受けた。

 S62年に倫理に入会。当時は“職場の教養”を活用しての朝礼の実施で社員教育が目的
だったが、以来31年になる。入会して10年後、佐藤博治さんが来社して倫理運動の役職
を薦められる。当時9店舗まで出店していたが、佐藤氏との出会いで出店攻勢を止めて
既存店舗の強化が図れた。

 栞P72には“人はただ生きているだけでは何の意味もない。働いてはじめて生きがいが
ある。働いている時が本当に生きている時である。・・・・働きが一切であり、働きが人生で
ある・・・・・”とあるが、今就いている仕事を天職と思い喜んで働き、朗らかな心を養うこと
が大切だ。

不足不満は、もともとあるのではない。思うからそうなるのである。ただそうした状態があり、
そうした物がある。それに対して、ある者は不足を思い、ある者は何とも思わぬ・・・〈倫理
経営原典〉

 【良樹細根】・・・『根深ければ、葉繁し』 根が細かく深く張っている木の葉はみごとに生
い茂っている。同様に樹は、広く深く細かく根を張っていなければ大樹に育たない。教育も
事業も同じで、すぐに役立つことばかりをしていると根がおろそかになる。何事も、最初に
手をつけるべきはいつも根で、葉は後・・・〈鍵山秀三郎〉

 【寸土力耕】・・・『力耕吾を欺かず』 たとえ小さな土地であっても、力を込めて耕せば、
そこでの実りは耕した人を欺かない・・・

 【人間らしい人間】・・・いやいやながら仕事をする人間 それは牛馬と同じではないか 
命ぜられただけする人間 それは囚人と変わらない 自ら思い立って働く人間 人間らし
い人間 生かされているめぐみを感謝してじっとしていられないほとばしりが働きとなって
表われる人間 それが人間の中の最高級の人間である・・・〈北海道 青年の家に掲示〉

 小さな実践の積み上げと、気付いた事は即実行でチャンスをつかむ。


| 竹田市倫理法人会::モーニングセミナー | 11:10 AM | comments (0) | trackback (0) |
PAGE TOP ↑