■CALENDAR■
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
<<前月 2018年08月 次月>>
■LOGIN■
現在のモード: ゲストモード
USER ID:
PASSWORD:
■NEW ENTRIES■
■RECENT COMMENTS■
■CATEGORIES■
■ARCHIVES■
■LINK■
■PROFILE■
■POWERED BY■
BLOGN(ぶろぐん)
BLOGNPLUS(ぶろぐん+)
■OTHER■
 

8/23モーニングセミナーの様子
 おはようございます!

8月も最後の週になりましたねにこっ やっと? 子供たちの夏休みも終わりに
差し掛かり、来週末からは運動会の季節になる竹田市です。

竹田でも若干春の運動会も行われる様になりましたが、まだまだ田舎の運動会は
秋ですにこっ

今年で運動会のお弁当作りも最後!にひひ よく頑張ったと自分をほめてあげたいですにひひ

 それでは、先週のモーニングセミナーの様子ですにこっ

8月23日  M・S

★ 姫野知俊会長挨拶

 お盆休みは如何だっただろうか? 先週のM・Sはお盆休みの最後だったこともあってか
近年まれに見る少人数の参加者だった。ゆっくり休めたことと思う。

県では当該会員数に対する出席社数であるM・Sの出席率を重視しているが、竹田はほぼ
20%で県下ではトップクラスだ。更に多くの方をお誘いし活発にやっていこう。

さて、本日の講師である檀上Reであるが、県の役員会などでお会いするとき、初対面でも
気軽に声をかけていただいた優しい心遣いのある方だ。またユニークな面もあり会議を
和ませてくれている。当会の年度末にふさわしい講師をお迎えした。


★講 話 『ツイてる方がいいやんか!』 檀上隆昭 法人Re 〈大分南倫理法人会〉



57歳 大阪出身 大分上野丘高卒 鹿児島大学歯学部卒 (医)ひまわり歯科理事長 
歯科医師・鍼灸師。

 姫野会長よりお盆の話があったが、倫理では先祖を大事にすることを学ぶ。入会して
15年ほどなるが、檀上のルーツは福山で今年もお墓参りに行って来た。福山のある村が
檀上姓だらけだ。役場で檀上の源流は何処かと聞くがまだ判らないままだ。自分の縦軸
を大事にすることが幸せに繋がると考えているが、子供の事を想えば祖先を、会社であ
ればお客様よりも社員を大事にすることでお客様にも繋がってくると考えている。

 人生は自分が源泉で、倫理では自分を変えろと言っていると考えている。万人幸福の
栞でも自分を変えたら人生が変わると書いている。P41には『・・・人を改めさせよう、変え
ようとする前に、まず自ら改め、自分が変わればよい』 P47には『・・・これまでは、妻は
夫を改めさせようとし、夫は妻をやかましく言った。それが大まちがいであった。夫婦は
互いに向いあった反射鏡である』 P51には『・・・だから子供が手に負えぬ、悪くて困る
という時、その原因はことごとく両親にある・・・』 

 では、どう変わればよいのか? 明朗になる、朗らかになる、みんなと仲良くなる、喜ん
で働く・・・と書いている。自分を変えるのはとても難しい。だが、少しでも変える努力をし
ないと一生変わらない。だから出来ることを小さなことから一つずつ実践していくことが
大事だと考えている。自分を変えることは書き慣れた「字」を変えることに似ている気が
する。一文字でもいいからきれいな「字」に変える実践をしてみてください。

 変え方には行動や環境から変える場合と考え方から変える場合がある。行動や環境
は少年院などがその例だろうが、考え方を変える例に野村再生工場がある。同じ選手が
トップが変わることで活き返る。中日を放出された山崎が楽天にいきいきなり2冠になっ
た例。トップが変われば部下が変わる。会社に置き換えれば、業績が伸びないのは社員
が悪いのではなく社長の指導方法が悪いのではないかということになる。だから社長が
考え方を変えればいいことになる。

 「ツキの正体」(桜井章一著)という本がある。本の中で“素直”“ハイの実践”がでてくる。
本では“素直”“ハイの実践”はあなたの固定観念を疑うことだと書いている。疑問を持つ
ことが素直になることだという。患者さんを大事にすることが増収に繋がるという固定観
念を捨てスタッフを大事にしようと考えた。週休2日にした。4日も休診にして慰安旅行に
行った。単会の会長を3年間引き受け、役員会などで診療に支障をきたした。収入(売上)
は減るだろうという固定観念があった。ところがその固定観念は崩れた。

 一つ一つの無意識を意識化して変えていくことが大事。トップになると他人が言ってく
れなくなる。だから本を読んだりセミナーに行ったりして自分に意識させることが必要に
なってくる。



| 竹田市倫理法人会::モーニングセミナー | 10:10 AM | comments (0) | trackback (0) |
8/9モーニングセミナーの様子
 お盆も終わりましたね! まだまだ暑い日が続きますが、若干朝晩涼しくなった様な・・・

体調に気を付けて残りの夏を乗り切りましょう!にこっ

 それでは、先週のモーニングセミナーの様子です 下 下 下

8月9日  M・S

★ 姫野知俊会長挨拶

暑い日が続いていますが体調は如何でしょうか? お盆休みが近づいてきた。弊社
では土曜日から5日間の休暇になる。私は倫理を学び始めてからではあるが、事前の
墓掃除と墓参り、そして仏壇の前に座り亡き父と心の中で相談・報告する時間を持つ
ようになった。時折ではあるが冷静に反省する時間を持つことは心が洗われていいこと
だと思っている。今年も実家と妻の実家にも行き、落ち着いて祖先と向き合う時間をつく
ろうと考えている。

 さて、本日は志賀和美会員にスピーチをお願いした。入会して1年弱だが皆勤賞を
いただくほどに積極的に参加していただいており、持ち前の明るさと美貌で当会を明る
くしてくれているのも周知のとおりで、他単会からもスピーチの依頼がきている人気の人
だ。先週の氏田木材さんに続き林業に携わる30代にいい風が吹いている。


★ 会員スピーチ   志賀和美     (有)堀木材 取締役

S55年12月生 37歳 倫理歴は10ケ月。会社は荻町で昨年の10月より取締役となり
頑張っている。社業は林業だが、素材生産業といい山に買い付けに行き立木を伐採・
搬出して市場に出す業者だ。素材とは丸太のことをいう。早くから機械を導入し出荷量
は県下トップ3に入っている。社員は現場が6名、トラック運転手が2名、事務方2名に
社長である主人と私の12名で、機械は25台保有している。

 小中高校と荻町で暮らした。幼稚園から中学までは全く同じ仲間だったが高校に入る
と他中学からの仲間が増えいじめられることはなくなった。弓道部に所属したが2年で
止めてしまった。高校ではあまり勉強しなかったが、期末テスト前の短期集中暗記作戦
で要領よく推薦入学を選び西南女学院の英語科に入った。大学では主に社会勉強を
学び、お酒も飲めるようになって楽しく過ごした。短大卒業後は美容に興味があったの
で大分に戻り美容外科に6年勤めた。都会の水が合わなく水を求めてよく荻町に帰った。
美容よりも健康な食べ物を勉強しようと農業に関心を持ち転職したが、やがて荻町に
戻り父の会社で事務を手伝うようになった。

 そんな折、東京から竹田に戻り市内の居酒屋で働いていた主人と出会い結婚した。
しかし料理人は夜が遅く生活のリズムが合わない。そこで林業をやってみないかと転職
してもらった。包丁からチェンソーに持ち替えて10年経つ。

 父は豪快でハングリー精神の持ち主だった。若い頃は車のセールスをしていたが、
林業に興味を持ち一代で築きあげた。好調だった相場が下落したとき止めていく同業
が多かったが、父はそんな時に機械を導入していった。

 子育てをしながらパートに毛が生えたような勤務で正社員並みの給料をいただき父
に感謝している頃、主人が山で事故にあった。伐採した木材の下敷きになったが運よ
く窪地に転倒し一命は取り留めたが、全治3か月の重傷だった。『もうこの仕事は止め
てほしい』と懇願したが主人は好きなので続けると止めなかった。主人の事故の3年後、
社員の死亡事故が起こった。この時、父は廃業を決心し機械の処分を考え始めたが
社員の励ましと希望により廃業は思いとどまった。この事故を機に県の認定を受け
量産から安全第一へと切り替えていった。

 昨年の1月、父のガンが発覚し余命1年と宣告されたが、楽観的に受け止めていた
父だったので告知し事業の引き継ぎをしていった。動けなくなるまで働いた父だった。
社葬には多くの方にお参りいただき改めて父の付き合いの広さと一代で起業した偉大
さを知った。
 経営についてはほとんど無知で不安な気持ちでいっぱいの時、知り合いから倫理に
誘われすぐに入会した。父の死後しばらくは一緒に頑張ろうという気持ちで夫婦の気持
ちは一致していたが、次第に意見の違いが多くなり夫婦喧嘩が絶えなくなってきた。親
の様子を見ている子供は祖父母に話しておりみんなに心配をかけた。

倫理指導を受けてみようと相談したところ早速その日に実現した。指導は【夫婦対鏡】。
中小企業は夫婦がうまくいかないと会社もうまくいかない。社長である夫をたて妻は
ついていくこと。夫婦で挨拶をする。夫婦で墓参りに行き仕事の報告をする。栞第5条
【夫婦対鏡】を毎日読む・・・・などの内容だった。以来和やかに努めることができるよう
になってきた。目の前の実践可能な目標をたてた。毎日のトイレ掃除と夫婦子供達と
の挨拶だ。

月次決算書も知らなかった私だが、入会後倫理の仲間に業務改善を手伝っていただき、
書類整理、働き方、求人情報など一気に改善ができ月次の数字も見えるようになって
きた。今後苦難が起きても正面から受け止めることができるようになるためにも倫理を
学び続けたい。

社員には一日を安全に過ごし、無事に家に帰るために、お互いの思いやりと決意に満ち
た合言葉『今日も一日ご安全に!』


| 竹田市倫理法人会::モーニングセミナー | 11:33 AM | comments (0) | trackback (0) |
8/2モーニングセミナーの様子
 おはようございます。 毎日暑い日が続きますね! 来週はもうお盆なんて早いですね!

 それでは先週のモーニングセミナーの様子ですにこっ

8月2日  M・S

★ 姫野知俊会長挨拶

仕事で出張が重なり2週間このM・Sを休んだ。出張先でも気になったが皆さんのお陰
で無事に推移しており安心している。先週の土曜日に戻り、県主催の役職者研修に
参加してきた。ここでの講話で、倫理は一週間ごとに自分をリセットし、実践を確認する
ためのM・Sが基礎であるが、果たして県内各単会のM・Sの様子は如何であろうかという
話があった。大分県全体のM・S出席率は全国で最下位に近いらしい。

 M・Sは気づきの場、生涯学習の場であり人間力を高める場である。丸山創始者は、
同じ波長・同じ信念を持った志高い人間が必然的に出会うように導かれていると全一統
体の原理で述べており、このM・Sがその志高い人間が集まる場所になる。その意味で
M・Sを活性化させることがなによりも大事だという講話であった。


★ 会員スピーチ    氏田正友 副事務長   (株)氏田木材

2ケ月前のスピーチではバカまっしぐらの学生時代から夢を探しに上京し、夢ではなく
嫁を見つけて地元に戻り父の会社で働くことになった。その後、父の会社で働いている
ものの“働いてやっている”という感覚であった。やがて気持ちに変化が現れ“働かせて
もらっている”という気持ちが持てるようになってきたが、いい会社にしていこうと気負い
すぎ部下が辞めていったというところまでを話した。

 この状況を変えるのにどうすればよいかと考えた。売り上げを伸ばすことも大事だが
そのためには社員に負担がかかる。売上よりも利益率を上げるにはどうすればよいか。
そんな折バイオマス発電への供給の話があった。早速資料を取り寄せ勉強会へも出席
した。父である社長に相談するがなかなか受けいれてもらえない。何度も話しているうち
にしぶしぶ了承してくれた。今ではこの部門がうまく運び経営は安定してきた。

 人材のほうだがなかなか定着してくれない。あるとき社員が結婚したいと先方の両親
に相談すると、そんな危険な仕事をしている男に娘はやれないと言われたので職を変え
たいと言う。このとき自分の仕事が社会から否定された思いになった。社員が仕事と会
社に誇りを持てるようにしなければ人材が育たないことを感じた。危険な仕事と思われ
ている林業のイメージを変えていかなければいけない。先ずは安全面の改善が必要だ。
最近新たに事務員がきてくれた。とてもいい空気になっている。昨日も若い社員が増えた。
即戦力の社員だ。この流れを大事にしたい。

 趣味でドラムを叩く。最近はなかなかできていないがストレスの発散にはとてもいい。
あるとき1年ぐらいレッスンに通った。そのときの先生に言われた言葉が耳に残っている。
どんな複雑なリズムを叩けても力が入っていたのではよいドラムとは言えないよ。脱力
してリラックスして叩くことができたら私が教えることの80%はできたと思っていいと言わ
れた。雑音ではなく心地よい音、まわりと調和のとれた音の大切さを教えられたと解釈
している。このことが仕事上での営業や経営にも繋がっているかと気づき始めている。

 最近、“君はどう生きるか”を読んだ。“貧乏な友達”の部分で感じたことだが、社会には
いろんな立場の人がいるが、お互いの立場を理解した上で相手の優れた点を認め合い
対等に付き合いができる大切さを感じた。そのことは子供の頃から両親や先生に教わっ
てきたことだが果たして今の自分はそれが出来ているだろうか、自然体で人と接している
だろうかと問いかけた。今の私ではいい関係を築くまでもいかないと感じた。社員の優れ
た部分を見い出し、自分より優れた人を使える経営者にならなければいけないと感じている。

大きくなくてもいい、強い会社にしたい。


| 竹田市倫理法人会::モーニングセミナー | 09:21 AM | comments (0) | trackback (0) |
7/26モーニングセミナーの様子
 おはようございます。 更新が遅れてすみません汗 暑さでしょうか!?・・・にひひ

今年は本当に暑いので、くれぐれもお気を付けください!

お盆は少し涼しくなってくれるといいですね!

 それでは先週のモーニングセミナーの様子です 下 下 下

7月26日  M・S

★ 工藤伸吾副会長挨拶



昨日より法人局のほうから大江義夫S・Vにおいでいただき、昨夜は基礎講座があった。
テキスト第24講の「信念を培う」で印象に残ったことは、・・・・本物の信念とは、雑念の
ない、無心な純粋さ。そして実践がなければ信念はない。「信」は偉大な力である。自分
の願いを達成し、目的を成就せしめるだけでなく、他人を動かし周囲を変える力を持っ
ている。孝は親を信じるに始まり、愛は妻を信じ、子を信じ、友を信じ、人を信じるに始
まる。自然を信じ、人生を信じ、強く己を信じる。これが倫理の根本である・・・・・・・。

★ 会員スピーチ     佐藤知博   (ハッピーアートカンパニー)



前回6月初めのスピーチで1ケ月間の断酒を宣言したが、やり抜いた。まさかこれまで
やろうとも思わなかったしやれるとも思わなかった1ケ月間だった。心の動揺はあり
一喜一憂したが、いろんな角度から自分を見つめることができた。翌日の準備をする
時間がとれ仕事量は増えた。やり遂げた感動は私自身の確かな実践だった。来月は
毎日「万人幸福の栞」に触れることを実践する。

★ 講話  『実践に心を込めて』  大江義夫  法人スーパーバイザー



福岡県倫理法人会 相談役、大江建築設計事務所 主宰、S24年生69歳 県幹事長、
単会会長、県会長を歴任。H23年よりスーパーバイザー。倫理歴22年。
 子供は一人だけで横浜に在住、4歳と2歳になる孫が二人。離れて暮らしているが、
孫たちの動画を送ってくれるので、その時の思いを毎月短歌に詠んでいる。将来は冊子
にしたいと考えているが、その思いは滅多に会えなくてもきっと伝わると信じている。
 丸山創始者の論文は妻を大切にする「夫婦道」から始まった。あるとき、倫理指導を
受けたが、妻への挨拶が形だけのものになっていることに気付いた。「○○さん おは
ようございます」と言うようにと指導を受けた。
 昨年6月、県会長のときに福岡県の4000社を達成し35周年式典を行ったが、そのひと
月前に妻は手術をした。今苦難が来ている。妻が不満を言わないことを良いことにして
いたが、私は仕事と倫理のみで妻にさみしい思いをさせていた。その夫婦愛和ができ
ていなかった間違いに気付かせるための苦難だと受け止めている。
 妻が入院して初めて存在価値がわかった。家事一切がいかに大変であるかを初めて
知った。退院して自宅に戻ったとき、ホームセンターでタライを買い妻の足を洗わせて
もらった。謙虚にして驕らずの心境だった。妻が病気にならなければ気付かなかった
思いだった。身近な人を大切にできない人が社員やお客様を大切にできるはずがない。
今は妻の話に「傾聴する」を実践中だ。
 私達は純粋倫理を学んでいるが、実践しなければ知識だけになる。実践して身に付け、
幸せな人生を切り拓こう。



| 竹田市倫理法人会::モーニングセミナー | 09:40 AM | comments (0) | trackback (0) |
PAGE TOP ↑