■CALENDAR■
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30       
<<前月 2018年09月 次月>>
■LOGIN■
現在のモード: ゲストモード
USER ID:
PASSWORD:
■NEW ENTRIES■
■RECENT COMMENTS■
■CATEGORIES■
■ARCHIVES■
■LINK■
■PROFILE■
■POWERED BY■
BLOGN(ぶろぐん)
BLOGNPLUS(ぶろぐん+)
■OTHER■
 

9/20モーニングセミナーの様子
 おはようございますにわとり すっかり秋らしくなりましたね音符

昨日は雨が降ったこともあり肌寒かった竹田市です。

今は太陽でとても気持ちがいいですにこっ

 それでは先週のモーニングセミナーの様子です 下 下 下

9月20日  M・S

★ 工藤伸吾副会長挨拶



彼岸花が一斉に咲き、キンモクセイが匂い、秋の訪れを感じる。姫野会長が出張不在
のため代わりに挨拶する。

 先週は我が家の孫である中学生の運動会で、清々しさと頼もしさを感じたことを話した。
中2になる孫は男の子で、我々と同じ敷地内の別棟に住んでいるのだが、反抗期なのか
母親とうまくいかないし弟をいじめる。先日の事、ついに母親が自分ではどうしようもな
いと助けを求めてきた。そこで私の提案で、当分の間我が家に下宿させることになった。
しばらく環境を変えて距離をとってみようと思う。我々夫婦も孫中心の生活に変えざるを
得なくなった。話題にも気を遣う。この結果はまた報告する。

 本日は宮瀬大分県幹事長にお越しいただいた。氏とは10数年前富士研で一緒だった
が、その後、中津の会長、県研修委員長、県普及拡大委員長、県M・S副委員長、そして
今年度は県幹事長と歴任された。富士研は私と一緒だったときが初回で、実に8回も
行かれたらしく常連だ。


★講話 『幹事長の役を受けて』  宮瀬知洋 大分県倫理法人会検事長 (法人Le)



中津市生 54歳 趣味はゴルフ、ドライブ、米つくり。(有)サクセスクリーンサービス
(建物のメンテナンス業務で従業員49名)の代表と(農法)南高瀬営農組合(組合員8人)
の副理事。最近山羊(やぎ)を飼い始めユキとキクとの散歩も楽しい。

 営農組合は父が立ち上げたが、将来の後継者不足を見越しての組織だ。組合員は
働きに応じて給料が支給されるが、配当は面積に応じて配分されるがなかなか難しい。
健在な時は不合理な面もあるが、いつか病気になって働けなくなったときのことなど
考えると大切なことだ。

 以前は車の整備士をやっていたが、兄が会社を設立したときに手伝うことになった。
ところが10数年後に兄が42歳で突然他界し私が会社を引き継ぐことになった。当時、
会社は倫理に入会してはいたものの私には無縁だったので、経費節減で退会する
ためにM・Sに行ったところ歓迎され退会を告げることができなくなってしまった。

 富士研に参加したのがきっかけで徐々に自分を見つめ自分らしさを出せるようにな
ってきた。会長の3年間はM・Sを一度も休むことはなかった。富士研はいろんな経営者
の中で自分を見つめることができる場所で、心の定期検診と考えている。
 4月に兄の長男が入社し、これを機に活力朝礼を取り入れた。経費は増えるが不思
議に新たな仕事が入ってくる。業務が増えるとミスもでる。即行で対応することで乗り
越えてきた。兄の長男に引き継ぐつもりで頑張っている。

 普及は仲間づくり。地道に取り組んでいきたい。M・Sの充実が課題で自単会出席者
数の25~30%を目指したい。一人一人が主役になりおもてなしの心を持って迎える
雰囲気づくりにつとめたい。


| 竹田市倫理法人会::モーニングセミナー | 10:03 AM | comments (0) | trackback (0) |
9/13モーニングセミナーの様子
 おはようございます! 今日も秋晴れ太陽気持ちがいいですねにこっ

大好きな秋もいつもアッという間なので楽しまなくてはと思う今日この頃ですにこっ

 それでは、先週のモーニングセミナーの様子です 下 下 下

9月13日  M・S

★ 工藤伸吾副会長挨拶

本日、姫野会長は阿蘇市倫理法人会より講師としてのお招きがあり、今この時間、講師
席で神妙な顔をして座っていることだろう。阿蘇の様子はまた後日聞けると思う。



 一昨日、雨で順延になっていた孫の中学校の運動会に行った。その感想は、とても清々
しく中学生たちのたくましさと優しさを感じた。徒競走で選手名がコールされると『○○
ちゃん ファイト!』などと他の学年が選手全員に声をかける様子はほほ笑ましかった。
3年生の運命競争で、選手と一緒に真面目に踊りながらゴールに向かうお母さんの姿に
も笑いが誘われ、私達の子育ての時代とは違った光景で楽しい運動会だった。


★ 会員スピーチ          首藤健二郎 (竹田市議会議員)




竹田市議会は第3回定例会で、昨日から一般質問が行われているが、早速初日に質問
した。3項目を用意していたが最初の岡城の質問で持ち時間の1時間を使ってしまった。
他の質問に対しても執行部はその対応を用意していてくれたと思うと申し訳なく詫びた。

 岡城の質問は、最近石垣の下部がコンクリートで補強されている。巾8m、高さ15mだ。
現状は少し黒ずんできたものの周囲の石垣とは異なり白く違和感がある。これは岡城を
400年間守り続けた先人たちに申し訳ないのではないかとの質問だった。
 市文化財課長は、『補強した部分は石垣ではなく岩盤であるので、この岩盤の崩壊を
防ぐための補強としてコンクリートが最適である・・・・』との答弁だった。景観への配慮に
欠けているのではないかとの質問には、『この部分は石垣ではなく岩盤であるので、石
垣を積むことは本来の姿ではないので好ましくない・・・』との答弁。色を付けるなどの
方法はないのかとの質問には、『着色は逆に馴染まないので経年変化を見守るのが
妥当である。上部からつる草を垂らし、下は成長の速い植物を植栽し景観形成を行う・
・・・』『なお、専門家の話ではつる草の成長により馴染んでくるのは4~5年と聞いている』
との答弁。

 この補強工事に際して議会への説明をしたのか、また商工観光課との意見調整をした
のかとの質問には、『細かい仕様については議会に説明していない。商工観光課とは
細かい部分の打ち合わせはしていないが、認識はしている』つまり、議会にも商工観光
課にも相談しないで文化財課だけの判断でやっているわけで、市民の思いも伝わって
はいない。果たしてこれでよいのだろうか。


★ 会員スピーチ          井 英昭 (竹田市議会議員)




私は本日の議会で質問する予定だが、その内容は、竹田市内の小中学校でエアコンが
設置されている割合および設置の予定を聞く。全国平均は49.6%、大分県平均では33.8
%、豊後大野市は100%である。ところが竹田市は幼稚園・保育園で100%だが小中学
校は校長室・職員室と保健室を除き0%である。

 子育て支援と幼児教育で保育の無償化について質問する。来年の10月から幼児教育
と保育が国の政策で無償化される。竹田市では幼児教育の最終年度が既に無償化さ
れている。そこで、これまで市が負担してきていた幼児教育費用が浮いてくるわけだが、
その分を何に使う予定かを問いたい。

 竹田市内(荻・直入を含めて)の小中学生は学年でおよそ120人から150人だ。H27年
生まれの3歳児は111人、2歳児は106人、1歳児は112人だ。少子化・高齢化と言われる
中、児童生徒数の減少が著しい。保護者の間からは学校の統合を望む声が大きくなっ
てきている。現状を踏まえ、保護者だけの問題でなく、竹田市全体の課題として小中学
校の統合を考えなければならない時期に来ているのではないか。


| 竹田市倫理法人会::モーニングセミナー | 09:45 AM | comments (0) | trackback (0) |
9/6モーニングセミナーの様子
 9月になりすっかり涼しくなりましたね! 今年の夏は尋常な暑さではなかったですが
やはり季節は移り変わり、いい思い出になりましたにこっ
でも、普通の暑さが有難いですけどね!にひひ

 それでは、先週のモーニングセミナーの様子です 下 下 下

9月6日  M・S

★ 姫野知俊会長新年度挨拶及びスピーチ



今朝、北海道で大きな地震があった。また、先日は大阪のほうで台風による大きな被害
がでているようだが、親戚や知人の方にお見舞い申し上げます。どこでどのような災害
が起こるかわからない。明日は我が身と戒めねばと思う。
 倫理法人会は9月が新年度となり、本日は新年度初めのM・Sで恒例により会長挨拶と
なっている。


       (新年度・辞令交付式の様子)

 S45年生 47歳 子供が4人の6人家族。趣味はゴルフ、ギター、酒、読書。
竹田で生まれ、小中高と竹田で過ごした。兄からの紹介によると、弟の私は高校時代は
かなりヤンチャだったように言うが、本人は尾崎豊に憧れておりかけがえのない友人を
得た。

 誰かの喧嘩の話に みんな熱くなり 自分がどれだけ強いか 知りたかった
 力だけが必要だと 頑なに信じて 従うことは負けることと 言いきかした
 行儀よくまじめなんて クソくらえと 思った夜の校舎 窓ガラス壊してまわった
 逆らい続け あがき続けた 早く自由になりたかった ≪尾崎豊≫


やっていたこともこの通りで、学問には励まず、生涯の友は今も続いている。

 大学は名古屋に進んだが、まだ尾崎感から抜け切れずに、学問には励む事なく2年で
中退してしまった。しかしここでもかけがえのない友人を得、竹田に来てくれたりもする。
バブルの余韻が残っている時代で容易に就職ができた。年商4500億円のグループ企業
に入社し、水産養殖部門に配属された。

 魚養殖の餌、薬、栄養剤などの水産飼料を販売する仕事だ。市場は大きいがどんぶ
り勘定の世界で非常に厳しい業界だ。販売はもちろんだが、実のところ代金を回収する
のが大きな使命だった。そこでは法スレスレのこともやって回収してきた。

 そこで学んだのは仕事の組立方を変えることだった。生産者は商品を作ることしか知
らず販路がない。稚魚の供給から餌の販売、資材の供給、そして成魚の販売までの全
てを業務とするシステムを厳しい上司と二人で構築した。当時の業界では初めてのもの
だった。
販路を切り拓き適正な価格で販売するためには仲買人の心をつかむことが必要で接待
も大切だった。やがて安定した出荷ができるようになり、上司と二人で年間23億円もの
売り上げを上げた。上司には公私ともに特別な厳しさと特別な愛情をいただいた。

 父は昭和16年の生まれで63歳で他界した。対外的には立派な父だったと思うが、私
とは親子のフレンドリーな関係はなかった。高校生の頃は本気で殴り合いの喧嘩をした
こともあるがいつも負けており怖い父だった。ある日、兄から深刻な電話があり父の病
気を知らされた。2年2ケ月の闘病生活だったが手術の日、上司が東京の病院まで行か
せてくれた。兄は仕事で付添えず母だけだったので母の助けになれた。何度か父の元
へ見舞いに行くたびにそれまではあまり話したことがない父といろんな話ができた大切
な時だった。

 父の死後、父の友人から父は兄弟で事業を継いでもらいたいと言っていたと聞かさ
れた。そんなとき、会社が買収されてしまい戸惑っていると兄から誘いがあり家業に
戻ることになった。

 倫理との出会いは佐藤博治先生のホノルルマラソンを完走した話がきっかけだった。
富士研で誓い、日々好日、墓参りもするようになった。そして会長を拝命し2年が過ぎた。

竹田市倫理法人会の会員は優良企業が多く、志高き人物が多い。一生涯お付き合い
できる方々の出会いの場であり、切磋琢磨し成長できる場であることを確信している。
25名以上参加のモーニングセミナーを目指す。


| 竹田市倫理法人会::モーニングセミナー | 10:45 AM | comments (0) | trackback (0) |
8/30モーニングセミナーの様子
 こんにちはにこっ 9月に入りましたね音符

明日は辞令交付式もあり新年度に身が引き締まる思いです。
また、一年間よろしくお願い致します<(_ _)>

 それでは先週のモーニングセミナーの様子です 下 下 下

8月30日  M・S

★ 姫野知俊会長挨拶



本日のM・Sは今年度最後になる。会長になって2年、振り返ってみると2年目は11月の10
周年記念式典を行なったが、10年間継続してきたことに感極まるものがあった。
新年度もう1期続けさせていただくが、反省の上に新たな計画をたて、皆さんに喜んで頂
けるM・Sにしていきたい。

 さて、最後は三浦専任幹事にスピーチをお願いした。2年前、二人とも経営者ではない
立場で役を引き受けた。通常業務をしながらの会運営で十分ではなかったが、三浦専任
幹事に助けられたことが多く感謝している。


★ 役員スピーチ    三浦直哉 専任幹事    (株)タナベモータース



昨夜は早めにと思い9時半に布団に入ったが11時半に目が覚めてしまった。その後眠
れないままになってしまいほとんど眠ってない状態だ。

 S50年2月生 AB型 自宅は三重町。三重町の新田小から三重中へと進んだ。小学校
では18人だったが中学になると300人の学年になり戸惑ったのを覚えている。
 中1の13歳のとき母が乳ガンになり手術をした。子供ながらにこれはまずいなと思った。
当時我が家は母子家庭で一つ上の兄との三人家族だった。入院中は母方の祖母にお
世話になったが心は揺れ動いた。全摘手術だったが5年を過ぎて安心した。現在75歳に
なるが再発はなく美容院を現役で頑張ってくれている。尊敬する母だ。

 高校は三重農業の園芸課へと進んだ。勉強にはあまり興味がなく部活はバスケットを
やっていたが、1年生の途中に体育館が全焼するという事件があった。焼け跡の部室に
自分のバスケットシューズの底だけが残っていた。部活が出来なくなったのでアルバイト
をするようになった。マルショクの中にあったアトムボーイという回転寿司やほっかほか亭
で働いた。自給400円だったのを覚えているが、このときに働くことの意味、価値観や金を
稼ぐことの大変さを学んだように思う。

 卒業後はいくつか職を変えたが竹田東芝に途中入社した。製造業で3交代勤務だったが、
忙しい時期や人が足りないときは2S(16時間勤務)勤務もやり残業時間は130時間ぐらい
になり、休むことなく働いた。当時では考えられないほどの給料ももらった。今考えると大
変なブラック企業だったと思うが、その経験は今活きている。

 早期退職の誘いにのってやめた。その竹田東芝は今はもうない。高校の頃バイクいじり
が好きだった事もあり、自動車整備工場に勤めるようになった。いろんな資格に挑戦し、
当時では一番上の資格まで取得した。そんなとき、タナベモータースに欠員が出て募集
していたので入社することになった。平成16年の事だ。

 この年、三菱のリコール隠し第2段目が発覚した。会社は再び存続の危機にたたされた。
三菱はお詫びとしてお客様に無料点検のサービスをした。会社は通常業務の上にサー
ビス業務が重なり、夜遅くまで休むこともなく働いた。東芝での経験があったので苦痛は
感じなかった。この苦難を乗り越えればきっと展望が拓けてくるだろうと信じていた。

 当時、会社はすでに倫理法人会に入会しており壁には7actsが貼られていた。当たり前
の事が書かれているのだが、現実には実行できていないことが自覚でき、言い訳なしに
実践してみようと思ったのが倫理との出会いだ。

 社長は会社存続の危機を2度も経験している。私は何が出来るだろうかと考えていた頃、
工場長がやめることになり現場は私一人になった。お客様との約束を守るため、朝早くか
ら日付の変わる頃まで働いた。今は仲間も増えたが、若い人が定着してくれない。いつま
でたっても自分が一番下で人員不足だ。働き方の改革に取り組んでいるところだ。

 当会の二代目姫野会長の頃からM・Sに参加するようになり幹事の役もいただいた。以
来ほぼ休むことなく出席してきた。当会事務所が弊社の2階に越してきたこともあり、倫理
の役員の皆さんと話す機会が増えた。あるとき、富士研に行った。氷水を被る禊(みそぎ)
や雪の上を裸足で行進する過酷な経験もした。富士研での生活は通常では考えられない
非日常的な経験だった。

 その後、副専任幹事の役をいただき、2年前に専任幹事の役をいただいた。1年目は何
もわからないままに過ぎ、2年目はM・Sのスケジュール計画や講師の接待などを積極的
にやった。特に昨年の10周年記念式典は会場の設営や式次第など新たな経験をした。

 さて、任期はあと1年だがM・Sの充実・活性化が課題だ。設立当時は100社でスタートし
ている当会だが現在は69社になっている。100社復活を目標にラストイヤーを頑張る。


| 竹田市倫理法人会::モーニングセミナー | 12:25 PM | comments (0) | trackback (0) |
PAGE TOP ↑