■CALENDAR■
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
<<前月 2018年11月 次月>>
■LOGIN■
現在のモード: ゲストモード
USER ID:
PASSWORD:
■NEW ENTRIES■
■RECENT COMMENTS■
■CATEGORIES■
■ARCHIVES■
■LINK■
■PROFILE■
■POWERED BY■
BLOGN(ぶろぐん)
BLOGNPLUS(ぶろぐん+)
■OTHER■
 

11/8モーニングセミナーの様子
 おはようございますにこっ 秋晴れ続きでしたが昨日からお天気が思わしく
ないですね! 一雨ごとに寒くなるのでしょうか?
昨日は久々に体調を崩し急遽お休みをいただきました汗
こんなに横になっているのはどのくらいぶりだろう!?と考えながら健康の有難み
を感じていました。
皆さまも、どうか体調崩されませんように!

 それでは、先週のモーニングセミナーの様子ですにこっ

11月8日  M・S

★ 姫野知俊会長挨拶



10月度の皆勤賞は実に9名だった。



先週は大阪に出張した。年末が近づく大阪人特有の気質に触れてきたが、このM・Sで
皆さんの顔を拝見するとホッと和む。
 本日は浦松県会長に講話をお願いした。浦松会長はこれまで何度も竹田に来ていただ
いているが、いつも丁寧に声をかけていただき明朗・愛和・喜働そのものを実践されてい
る方のように思っている。


★ 講話  『大分県会長の辞令を拝受して』  浦松 傳  大分県倫理法人会 会長




S22年三重町生。子供のころから竹田は歴史ある憧れの街だった。現在は別府市で総
合建設業の(株)浦松建設取締役相談役。

 父はタタミ職人だったが盆と正月以外には需要は少なく生活は厳しかった。兄妹は4人
で姉、兄、弟の3番目だ。小学校4年から中学生まで新聞配達をした。駅まで取りに行き
折り込みを入れ、各紙ごとに仕分けして配達する。初めのうちは新聞を間違えたりと苦労
した。1ケ月の給金は500円だったが大事な500円だった。

 中学を卒業するとき、7歳違いの兄はすでに大工で一人前になっており兄の支援で大分
工業にいくことになった。奨学金と郵便配達のバイトなどで高校に通った。2年の時、兄と
別府のアパートで暮らすことになり故郷を離れた。夜や休日は兄の手伝いで釘袋を下げ
工事現場に行ったりもしていた。

 高校を卒業するときは兄が背広一式とネクタイを買ってくれ、ネクタイの結び方を教え
てくれた。結び方は今でも兄が教えてくれたそのままだ。関西汽船に乗って大阪に行き
大阪府庁に勤めた。1年後夜間大学に入学し卒業と同時に大分県庁に奉職。このころ
1級建築士の資格を取得し、兄の会社の建設業許可登録などを手伝い、6年間勤めた
のち(株)浦松建設に入社し兄と苦楽を共にして現在に至る。県を退職するとき、妻には
兄への恩を返さないといけないのだと理解してもらった。健康な限りは妻や子供たちに
つらい思いはさせないとの決意だった。

 H12年に倫理法人会に入会。別府市会長、県副会長などを歴任しH30年県会長拝命。
初めは家庭倫理の会への参加からだった。倫理では父母・ご先祖に繋がることが大切
で感謝の心が幸福を招くと学ぶが、父は88歳で平成元年に亡くなった。2つ違いの兄が
子供の頃に亡くなっていたが墓石はなかった。そこで吉相墓を研究し会社に勤めてくれ
た人で病気などで亡くなった方の供養塔と共に墓をつくり毎週お参りをするようにした。
その後不思議な幸運が続き事業は好転していった。ご先祖を大切にすることで目には
見えないところで力を貸してくれることを実感した。会社は無借金にすることもでき現金
支払いだ。

 “自反尽己”という言葉があるが、常に自分を振り返り全力で尽くすという意味だが、
全ては自分の責任という自覚が大切だ。成功の秘訣はやり続けることだとも教えられる。
困難があってもやり続けることが結果に繋がる。丸山創始者がいう決まった時間に宇宙
の法則に従って教えられたとおりにやり続けることが必要。

 去年、長女が娘を連れて帰ってきた。今は私達夫婦と娘と小1の孫との4人家族だ。
私はこの孫を倫理で育てようと取り組んでいる。靴を揃えるとか挨拶をする、返事をする
など基本的な事を一緒にやっている。 私が『○○ちゃん!ただいま帰りました』と言うと
『ジイジ!お帰りなさい』と言ってくれる。こちらがきちんとすると子供はきちんと答えてく
れる。そして万人幸福の栞を孫と読む。孫はすぐに暗記してしまう。この音読が脳の活性
化に繋がってくるらしい。


| 竹田市倫理法人会::モーニングセミナー | 09:27 AM | comments (0) | trackback (0) |
PAGE TOP ↑